2017-11-19

陽気の扱い

「陽気の扱い」

陽気の生成と組み合わせて大事になってくるのが、
増えた陽気をどのように扱うか、ということにある。

単純に陽気さえ増えればなんでもいい。
という考え方だと、偏差に向かって一直線とも言えなくもない。
陽気は神秘行の中でも、基本的で重要な要素だが、
案外、テキトーにしか考えていない人も多いようだ。

陽気の生成は慣れてしまえば、なんてことはない。
力を抜き、リラックスして丹田に意識を掛けていれば、
そのうちには勝手に出てくるものだからだ。
問題は、その後の手順になる。

陽気はそれ単体のみ強化していくと、
頭に集まって辛い状態になったり、
かえって身体に負担が掛かってしまうこともある。
これらは良い作用どころか、悪い効果を発揮してしまう。

まず、陽気は体の活動を強化する作用がある。
これだけ聞けば良いように聞こえるが、
体に邪気が溜まった状態だと、それらも強化する恐れがある。
で、もう分かる人もいると思うが、大切なのが六字訣だ。
瞑想初学者もちろん、上級者でも必要が出れば行う必要がある。

次に、陽気の増加に伴い対処しなくてはならないのが、
体の気のバランスを取ることである。
陽気が強化されて流れが悪い状態だと、イライラしたりする。
これらは、気のバランスが欠いているために発生する。

いくつかポイントとなる体の部位があるが、
一つは足からのグラウンディングである。
丹田で陽気増加後はグラウンディングも必要になってくる。
特にイライラしたら、まずチェックするのが足の気の流れ具合。

気を足に流す時、特に意識をかけるべきポイントは、
太ももの前部と足裏になる。
太ももの前部で気が溜ると、イライラが高まるので、
まず、ここをきちんと流れるようにしてやる。
その後、足裏にも意識をかけてグラウンディングを行う。

また、グラウンディングと同じく重要な場所が背中である。
特に大椎・神道ツボ付近は、体外に気が出ていくポイントでもあり、
ここの流れが滞ると、陽気過多の時、体にダメージが出る。
大体の場合、ここが痛くなったりするので、その時は調整が必要。

ついでに余談だが、陽気が抜けすぎて不足になると、
ここから幽霊が侵入してきたりする。幽霊?んなアホな
という人も気に敏感になれば、分かってくるだろう。

気が体外に出るということは、ここから侵入もしやすいのだ。
背中がゾクゾクするという表現も、おそらくここからだろう。
幽霊に一回侵入されると、私でも立て直すのに最低一日は掛かる。

普通の通り道でも、探ると危険な場所がけっこうあったりする。
特に厄介なのが宗教施設。なぜか見栄えはとても良いことが多い。
しかし、それと裏腹にかなり危険度の高い場所が多い。
吸い込まれるような神秘性を持つ宗教施設は、大体においてヤバイ。

ちなみにネット上からも気は伝達(同調?)されるため、
オカルト系の怖い話等は閲覧しないほうが良い。
実際よりもかなり気の濃度は薄まるが、
瞑想家には少なからず影響があるので、君子危うきに近寄らずだ。

それから、頭に気が昇ってしまった時、
一時的にでも、とにかく降ろしたい場合は、
風池付近のツボを親指で押しまくると良い。
そのうちに気が降りてきてシャキっとするはずだ。
ちなみに気に関して技術の無い人も、この効果があると思う。

エネルギー(気)の本質は流れである。
量よりも、流れが上質であることが何よりも優先される。
つまり、詰まりが無いか、十分に行き渡っているか、
そういったことが一番大切な要素なのだ。
流れが崩れた時、何らかの異常が出て来るものと言える。

一覧へ戻る

2017-11-11

ホルモンのコントロール

「ホルモンのコントロール」

チャクラチューニング(以下CTと略)が一体なぜ意味があるのか?
それは気の観点から体の調整を実施できる点もあるのだが、
科学的にも神秘行的に重要なのはホルモンのコントロールである。

実は最近の私の研究で、CTがホルモンを調節する。
という効果を持つことが分かってきた。
どのようにこれを実践するのかというと、非常に分かりやすい。
ホルモンを分泌する器官に対してCTを行うのである。

例えば、膵臓という臓器がどこにあるかご存知だろうか?
膵臓は肝臓とは反対の体の左側にある。
意識をかけるポイントは左乳首のやや左下。
膵臓からは満腹感を刺激するホルモンが放出される。

※CTの場合用途が重要なためホルモン自体の詳しい解説はしない
※気になる人は各自で調べて頂くようお願いする

つまり、膵臓に意識をかけてCTを実践すれば、
ある程度の食欲をコントロールできる。
だが当然限度があるため、体の欲求を全て遮断できるわけではない。
しかし、実質的にかなりの影響を与えることは間違いない。

これは、近頃の瞑想の実体験により確認したことで、
科学的な根拠には欠けるが、かなりの自信がある。
つまり、CTは単に気の調整を行うためだけではなく、
内分泌系のコントロールを、ある程度行うことができると思われる。

一般人は直接ホルモンの分泌を促すことはできない。
間接的に何かを行ってホルモン分泌を促すか、
外部から取り入れるしかないのである。

しかし、間接的にホルモンの分泌を促すのは非効率であるし、
外部から取り入れるのも副作用を含む危険性がある。
そもそもホルモンは体に対しての命令を出す物であり、
それを外部から採取するのは自然なことではない。

つまり、CTはホルモン分泌を直接促すことができ、
これらをコントロールできるのがCT実践者の特権であると言える。

ただし、ホルモン分泌で最も重要な器官に脳下垂体というものがある。
これは唯一特殊な部位と言える器官で、
様々なホルモンを放出したり、放出を促す器官であるが、
私はここが意識そのものを支配している器官ではないかと思う。

つまり、意識を掛けるという行為自体が、
この器官の働きではないか、と私は考えているのだ。
何が言いたいのかと言うと、このホルモン器官にCTをしても無駄。
ということを言いたいのである。

命令を出す場所に、命令を出す場所から、命令しても意味がない。
早口言葉のようだが、言いたいことはこれである。
つまり、CTはこの器官から命令を出す行為なので、
ここ自体にCTをするということは意味がない、と思えるのだ。

従って、脳下垂体以外のホルモン分泌器官に対してCTは有効。
ということを覚えて頂ければ問題ない。
つまり、今の私の理論で言えば、脳下垂体が意識の中枢。
そう考えていると思って差し支えない。

体には様々な機能を持つホルモンが存在するので、
それらを色々調べてみるのも面白い。
それこそ、CT実践者は実体験からこれらの効果を検証できる。

ホルモンを研究していると体の緻密なバランスに驚かされる。
どのホルモン器官に対してCTを行っても、
大丈夫なように人体が設計されていることが、
ホルモンについて調べていく内に何となく分かってきた。

つまりCTは人間を設計した存在が用意した、
人体に対してまこと有用なツールなのである。

一覧へ戻る

2017-11-02

CTの極意-2017年11月版

「CTの極意-2017年11月版」

今回は久々のチャクラチューニング記事を書こうと思う。
非常に重要な情報を記載していく。

近頃は研究が進むことによって、はっきりと成果が見えてきた。
チャクラチューニング(以下CTと省略)には注意すべき点がある。
まず、意識の力加減。次に邪気の解消。そして気のバランスだ。
これらは恐らく私だけに限らず、多くの人にも当てはまるだろう。

---------------------------------------------------------

まず、意識の力加減についてだが、
CTの第一条件はリラックスと緩い意識の集中だ。
これは散々このブログで強調している通り、
瞑想中の意識の集中は、軽く軽く行わないといけない。

どれぐらい軽いのかというと、
本を斜め読みする時ぐらいの集中度、
もしくは、つまらないテレビをボーっと見るぐらいの力加減だ。
こういった表現の通り、強い集中は瞑想には逆効果となる。

---------------------------------------------------------

次に邪気の解消だが、
実は、これについてはCTに拘らず六字訣を利用した方が早い。
六字訣はかなり強力に邪気を解消する効果があるため、
CTを含めた瞑想の初心者は一番最初に実習すべきである。

なぜなら、瞑想をしたことがない人は、
基本的に邪気まみれのことが多いからだ。
まず、そこを解消してから瞑想に入る方が危険性も大幅に減る。

逆に、これを飛ばすと瞑想で邪気が強化されて、
精神状態が悪化することがあるので、
まず、六字訣を十分に実践することだ。
六字訣を続け、日々の不快な感情や、眠気もほとんど無くなったら、
次の段階として本格的な瞑想に入ることができる。

---------------------------------------------------------

最後に気のバランス。これが今回強調したい内容だ。
特に、丹田のCTで生成される陽気は多方面に影響を与える。
陽気のコントロールは神秘行では重要な課題となる。

ここで一番重要な情報をお知らせしよう。
丹田に最も良いCTとは、どのようなものか?
まず、丹田から力を徹底的に抜くことだ。
力を入れるよりも、出来る限り力を抜くようにする。

これが最も良質の陽気を発生させることができる。
呼吸は別にどうでも良い。
というか昨今の瞑想における呼吸重視の風潮は、
個人的に的外れだと思っている。

重要なのは呼吸では無い、姿勢でも無いし、
手の組み方や座り方でもない。
重要なのは気と意識のコントロールしかない。
それが全てであり、後は瑣末な話なのだ。

私は、この丹田から出来る限り力を抜いて意識を掛ける。
という単純な事実を10年も掛けて、ようやく気づいたのだ。
やはり人間、少なくとも自分は馬鹿だ。
たった、これだけのことに10年も掛かったのだ。
まぁ、ただこの情報はどこにも無かったせいでもある(笑)

さて、次に同じぐらい重要な情報を記載する。
丹田で陽気を量産すると、陽気過剰の状態になる。
これにはグラウンディングで陰気を採取しバランスをとる。
というのも、確かに一つの手法ではあるのだが、
もう一つ直接的な方法が存在する。

それは大椎に意識をかけることだ。
このツボは丹田の陽気を体全体に拡散するのか、
相対的に丹田の陽気を減らすことができる。

つまり、丹田で陽気生成→増えすぎたら大椎で拡散
この組み合わせで、かなりの効果を発揮する。
もちろん精神状態や健康面から見ても非常に有効だ。
陽気が満遍なく拡散されると非常に心地が良い。

どうやら私はこの組み合わせを発見したことで、
瞑想のフェーズが一つ完了したように思える。
この組み合わせも、同じく10年掛かって編み出した。
いやー、10年も気づかないとかアホです(笑)

途中省略してしまったが、
基本的にCTは丹田から始め、陽気を発生させたほうが良い。
できることなら小周天のルートをある程度開通させ、
その後はCTに移行して瞑想を続けるのもありだろう。

陽気が無い時に、大椎に意識をかけると、
丹田から陽気が抜けすぎて調子も運気も崩れてしまう。
丹田は常に、ある程度の陽気で満たされている方が望ましい。
しかし、陽気が丹田に集中しすぎもダメなので注意が必要だ。

頭に陽気が昇って頭痛が発生することがあったりもするが、
これについては頭痛のツボなどが効果的だ。
「風池」のツボ付近とかが個人的にはメチャクチャ効く。
眼精疲労にも効果のあるツボだが、頭痛にも高い効果がある。
日常でも用いたいツボの一つである。

そんな感じで、今日は箇条書きみたいに重要な情報を書いた。
いつか暇ができたら、ちゃんとした形にまとめたいと思う。
まぁ今の調子だと、いつ頃になるか全く分からんけども(笑)

一覧へ戻る

2017-10-28

一歩先の世界

「一歩先の世界」

今より一歩先の世界はどうなるか?私の予測をお伝えしようと思う。

このブログの読者なら大体予想はできると思うが、
人間の未来においてAIが重要な鍵を握っていることは間違いない。
AIは全局面的に人間の世界を変えていく力を持っているが、
その中でも莫大な影響を与える事の一つが政治だと思っている。

私の持論として最も優れた政治のあり方とは、
国民が政治に関与する民主的な政治ではない。
凡人を遥かに超えた判断力と公平性を持つ存在の絶対王政である。
これを達成可能とするのがAIに他ならない。

おそらく、このような意見を聞いて
理解できないと感じたり、反発したくなる人もいるだろう。
そういう人は今から10年後までの世界をよく見ていて欲しい。
10年後までには私の言っている意味が徐々に実感できるはずだからだ。

以上のような未来を私は確信しているため、
現在の政治のアレコレについてほとんど関心が無い。
せいぜいAI統治までの繋ぎ程度にしか考えていないからだ。
とりあえず現状維持ができれば、後はどうでもいいとしか思わない。

さて、AI統治が訪れるのはそのうちにはなるとして、
AIの管理が進む中、次に来る新たな流れは、どのようなものがあるか?
ここからは確信ではなく推測のレベルになるものだが、
社会主義の復活があり得るような気がするのだ。

社会主義は資本主義と比較して、現在は失敗とみなされている。
しかし、AI統治が進むにつれ話が変わってくると思うのだ。
なぜそのような発想になるのか?
これも単純な話と言える。AIが今の人間の仕事を奪うからだ。
これは起こるかどうかではなく、既に始まっている変化だ。

現在までの社会主義はどう考えても上手くいくはずがない。
人間の労働を代替する物が無いのが大きな要因だったからだ。
しかし、AIがそれを担うなら話は別。
というより、社会としては資本主義のままかもしれないが、
その本質は限りなく社会主義的になって行くだろう。

これは社会主義を主張する人間が増えるせいではない。
自然と社会主義に近い世界に変わっていくことである。
社会主義には社会全体に十分な豊かさが必要になるが、
AIの有無は人間が保有する豊かさに、ものすごい差が存在するわけで、
自然と社会主義的な形態に移行する準備が整うことになるのだ。

これは人間にとって、とてつもなく大きな変化になると言える。
とてつもなく大きな【良い】変化ということだ。
これが僕の求めている宇宙的な社会構造に近づく出来事なのだ。
気をつけて欲しいのはAIの統治が悲しいことでなく、
非常に喜ばしい出来事となる可能性が高いのだ。

優秀な人間も少し未来のAIと比べたらおバカさんなのだ。
道策のような歴史的奇才で、ようやくAIの影を少し踏めるくらい。
それは全ての事柄でこれからAIが明らかにしていくことになるだろう。
難しい問題はAIに丸投げする時代がいずれやってくる。

まぁそのAIを作るのは現時点において優秀な人間ではあるのだが、
そのうちに人の手を離れてAI自身がAIを改良していく流れになるだろう。
それは知性が今までとは遥かに異なる速度で向上していくことを意味する。
我々は自分にとって面白いことだけ追求して行けば良い時代が
もう目の前に迫って来ているのだ。

このような時が一番面白いかもしれない。
あなたは人類の歴史的瞬間を近い将来目撃するだろう。
インターネットの普及よりも遥かに大きな出来事が、
もうすぐ、おそらくあと20年以内に達成されるからだ。

この変化の時代を是非あなたの目でよく見ておくと良い。
AIの躍進は人類の年表にデカデカと載る一大イベントなのだ。

今20歳以上で20年先まで生きる人はラッキーである。
AIが統治する世界とそれ以前の世界を、
一つの人生で体験し、比較することができるからだ。
これは有史の中でも一回限りのレア中のレアな経験なのである。

一覧へ戻る

2017-10-21

2017年10月の瞑想研究②

「2017年10月の瞑想研究②」

とりあえず今月二回目の研究報告を行うこととする。
今回の変わった点といえば、小周天主体の瞑想から
再びチャクラチューニング(以後CTと表記)にシフトしてきた事だ。

まぁ、特に私のような未熟者は意見が変わりやすい。
なぜなら、常に失敗と変化を繰り返すため、
最終的な結論が出るまで色々道草や試行を繰り返すためだ。

今回、小周天からCTに再び戻ったのは、
それなりの理由があったためである。
それは各所の気の詰まりと気のバランスを考えた時、
小周天よりCTの方が柔軟な対処がしやすくなったからだ。

正直な所、小周天は経絡が開通するまでは重要だと思うが、
ほぼほぼ経絡が開通したらCTに移るのも一案だと思う。
理由としては、小周天における気の流れに固執すると
かえって瞑想効果が出づらくなると私は考えるからだ。

これもその人に依る所は大きいかもしれないが、
例えば陽気を過剰に発生させてしまったり、
一部の気の流れに囚われ過ぎたりするよりも、
常に気のバランスを考えてCTを行う方が、私の場合楽なのだ。

仮に私と同じタイプの人がいるとするならば、
CTから初めて→小周天を実施→再びCTに戻る
現時点ではこのような流れもあっても良いのではないかと思う。

初めのCTは主に小周天の準備としてのCTだが、
小周天達成後からの、CT移行はまたちょっと趣きが違う。
小周天による経絡の開通を目指しているのではなく、
あくまで体の気のバランスを取ることを考えているからだ。

しかし、これは仙道書などには記載されていない。
つまり上記で文面化した内容は、結果的に先人と被っていたとしても、
どの文献も直接の参考にしていない、私のオリジナルの手法と言える。
従っておそらくWeb上でも、ここ以外では見つからないかもしれない。

そもそもCT自体は私が自力で開発したメソッドであり、
そのメソッドと小周天の関係を記した文面が無いのも当然である。
CTは僕が誰にも頼らず開発した最初の武器であるとも言える。
ただ、一周して案外CTも使えるのではないか?というのが最近の感想だ。

毎度のことになりつつあるが、
一旦CTを離れることはあるが、結局元に戻って来ることが多い気がする。
ただ、それも無駄に離れて戻っているというのではなく、
ちゃんと成果を得て、それを再びCTと融合させていると感じる。

8月頃の小周天の研究でもグラウンディングの大切さの再認識、
および六字訣の効果の重要さを確かめることができた。
再びCT(私のホームポイント)に戻ってきた時も、
無駄に戻ってきた訳ではないと思っている。

とにかく瞑想は変化の繰り返しが大切に思える。
最初から結論が分かるということがまず無い。
コロコロやり方を色々試さないと、何が良いかわからない。
特に精神世界は科学的検証が難しい以上、
結果が出るまで他人を頼らず自力で研究し続ける他ないのである。

そういう意味で真面目さと不真面目さの両方を持つことが大切だ。
真面目な遊び心というのも必要になってくるのである。
少し矛盾しているように聞こえるかもしれないが、
長くなるのであえて詳しく説明することは止めておく。
ただ、このような非凡な感性が神秘行の達成には求められると僕は思う。

一覧へ戻る

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground