2018-01-21

タオ人間医学小周天①

「タオ人間医学小周天①」

どうもお久し振りです。
以前、「タオ人間医学の読み方」という記事を書かせて頂いた者です。

このたび、道顕さんがご多忙でしばらく記事書く暇が無いよーとのことでしたので、
代わりに何か書いてもいいか聞いたら快くお許しを頂けました。
という訳で、しばらくは私がタオ人間医学を実践していた間で詰まった箇所と
その対策などを記事にして書かせて頂きたいと思います。
ちょっとでも後進の人の助けになれば幸いです。

ただし、先に断わっておきますと、私は本を見ながら独学でやっていて、
正式なヒーリングタオの講師などに学んでいません。
その為、実は修行が進んだと自分で思い込んでいるだけだったり、
見る人が見れば誤った解釈や危険な方法などをバンバンやっている可能性があります。
それでも構わないから、修行のヒントや体験談が見たいという方のみ
自己責任で見て頂ければと思います。

以下本文
=========================================================
詰まった箇所1
「気が動かない…」

タオ人間医学では第6章から基本的な小周天の開通が始まります。
まず、体操して内笑瞑想や六字訣で体の邪気を浄化したあと、
腹式呼吸によって元気を活性化して気の感覚(じんわりと温かい感じだったり、
ピリピリとした不思議な圧力感)を感じます。

私はここまでは普通に本の通りにいけたのですが、
ここから性センター(性器の付け根から更に奥に入り込んだところ)まで
この気感を動かすという所で躓いてしまいました。

本の通りに指を添えて、意識をかけて気合いを入れても
この感覚がウンともスンとも動いてくれません。
そこで私が取ったのは、「もう動かすのは諦めて、
移動(予定)先にひたすら意識を向ける」という方法でした。
そうして暫く移動先に意識をかけていると、そちらにも丹田と同じような感覚が出てきます。

本に書いてある様に、息を吸うときに移動先で息を吸い込んでいるイメージをし、
吐いていくときにその息が凝縮されていくようなイメージを持つと
益々感覚が強くなっていったのを覚えています。
丹田に気の感覚が出る→性センターに気の感覚が出る→会陰に気の感覚が出る…といった感じで、
主観としてはそれぞれのツボに点々と感覚が出て、繋がりが全くない感じではありましたが、
兎にも角にも動かないものはしょうがない、と諦めて続けていました。

また、同時にこの時期は皮膚の浅い部分にだけ感覚が出る様に注意していました。
というのも、ろくに制御できてない感覚が内臓や脳など
主要な臓器に出るとどうなるか後が怖かったからです。

さて、そんなこんなで何とか気の感覚を一周(?)させるというような修行をしばらく続けていました。
(それも、初めて気感を出すツボについては、気感が出るまでに一週間もかかったりしていましたが)
この時期は自分で自分のやり方をガバガバ周天と呼んでいて
「こんなやり方で効果あるのかな」と疑問を感じていましたが、いつの間にやら、
点々とした感覚がほとんど線になっていて、
確かに自分の意思で間断なく気を動かしていると感じられるようになっていました。

最初はガバガバでも、毎日続けていれば神経系が強化されて、
やがてはちゃんとした気感になるようです。

もしも丹田に気感は出てるけど動かない、という事で詰まっている人が居たら、
思い切って次のツボに意識を向けてみてはいかがでしょうか。

一覧へ戻る

2017-12-07

重要なお知らせ

道顕の都合により当ブログはこれより休止期間に入ります。
休止期間の長さについては未確定ですが、
再開までにはお時間を頂きます。

皆様のご理解をお願いします。

2017-12-02

人生における究極の奥義とは

「人生における究極の奥義とは」

何事においても、この宇宙における真理を掴むのは容易ではありません。
どのような道に行っても、真理は容易く獲得できません。
真理や奥義という言葉を不用意に使うことを
私はあまり好みませんが、今回は使わせて頂きます。

この宇宙の万事において、高いレベルで成果を出すために、
最も重要で必要とされることは何でしょうか?
その答えは、今の私であれば非常に明確に書くことができます。

それは、合理的思考です。
これが人生の全てに影響を与える、究極の奥義です。
これさえあれば、全ての事柄において高度な成果を残すことができます。
なぜなら成功するために、必要な他の必要な要素は
全てここから芋づる式に、入手することが出来るからです。

では、どうすれば合理的思考を手に入れることができるでしょうか?
これも今の私ならば、明確に答えを出すことができます。
それは自らの意思に基づいて、
自らが決定を下すこと、そしてそれを繰り返し行うことです。

今の世の中において、優秀な人間とは一部の人に限られています。
それはなぜかというと、知性の問題ではないのです。
本来、人生において何が最も重要なことかというと、
全ての決定を自分自身で行うことが、何よりも優先されるのです。
それをしない人が多いから、人生や社会まで豊かになりづらくなります。

あなたは普段から何事においても、自らで決断を下しているでしょうか?
多くの物事を自らの判断で決定していく人間ほど、
合理的思考が高まり、それに伴い人生も豊かになっていきます。
これは子供の内から教え込まないといけません。

本来、子供は放ったらかしてもいけませんが、
親が全てを決めてしまうことも同じくらいまずいことです。
何が重要か?それは子供に選択肢を提示して自らに決定させる。
これが教育という概念の中で、本来は最も重要な事なのです。

以前、私が子供に囲碁を覚えさせると良い、と書きました。
それはこういう意図なのです。
囲碁は自分で打つ手を、自分だけで決定しなくては行けません。
囲碁を覚えることが重要なことでないのです。

ですが、囲碁を覚えることも無駄なことではありません。
なぜなら、囲碁は自然の原理を理解することができるゲームだからです。
それは数の原理であったり、強弱の本質、効率の本質を学ぶことができます。
これらは大人であれば、本来知っていて当然の知恵なのです。

ただ、何が最も重要かというと、決定するというプロセスを学ぶことです。

これは子供にも限らず、大人も全く同じことです。自らが決定を下す。
これを疎かにする人は絶対に幸せになれません。
あなたが決定しない限り、あなたの人生は豊かになりません。
これが真理であり、宇宙の真実です。

今、他人の考えばかりに流されてしまって自分を見失っていたり、
自らで多くの決定を下すことを躊躇う人は、
もう一度、良く考えてみて下さい。これもあなたが決定すべきことです。
例え失敗しても決定を下し続けること、
これさえできれば、後の事はそのうち全て上手く行くようになります。

成功し続ける全ての人間は、これを必ず行っているはずです。
そういう人こそ真に優秀な人間なのです。
決定するという行為は、僅かな事柄から始められるため、
最初からいきなり難解な決定を行う必要は全くありません。
ですが、最終的には究極の成功まで結びついている道なのです。

一覧へ戻る

2017-11-25

チャクラの色相環

「チャクラの色相環」

各チャクラの調整を行っている内にいくつか気づいた事がある。
どうやらチャクラは単独で働くのではなく、
場合によっては一つのチャクラに関連して
別のチャクラが影響を受けることがある、ということである。

この現象を発見したのは胸のチャクラを調整した時である。
私は近頃、祈りの時間の間、ついでに胸チャクラを調整する。
祈りというのは、いわゆる読経とかお坊さん的な作業である。
この辺は私の家系が日蓮宗系であることをご理解頂きたい。

しかし、どうも不思議な感じがするのだ。
30分近くそういったことを続けていると、
胸チャクラだけでなく、頭頂付近もいやにスースーする。
?と思いつつ続けると、やっぱり調整が掛かっている感じがする。

これは祈りが霊的な作業で第7チャクラを刺激する。
という見方もあり得るが、個人的には少し違う気がする。
神仏といえど気の働きに影響することは、
あくまで気の観点で考えるべきだと思うからだ。

そこで、ふと思い出したのが
チベット体操の本にあった一部の記述のことであった。
それは第1チャクラが第5チャクラに影響する、ということだ。

最近まで、この記述は冗長などうでもいい話。
としか考えていなかった。
だが、今回の実体験と照らし合わせると、
意外にも面白い内容なのではないか、と思えてきた。

で、次に思い出したのがチャクラと色の関係。
各チャクラには一般的に色が紐付けられている。
記述が異なることはあるが大筋は大体似ている。

第1チャクラ:赤
第2チャクラ:オレンジ
第3チャクラ:黄色
第4チャクラ:緑
第5チャクラ:水色
第6チャクラ:青
第7チャクラ:紫

これも何も考えずに並べられているのではく、
虹の配色のように自然(宇宙の仕組み)と綺麗に対応づけされている。

それで今回の体験とチベット体操の記述が丁度一致することに気づいた。
つまり、第1チャクラ ⇔ 第5チャクラ と
第4チャクラ ⇔ 第7チャクラ というのは、
色相環と言われる図で、ほぼほぼ反対の位置にあるのだ。

色相環について(別サイト)

あと残った組み合わせは第2チャクラ ⇔ 第6チャクラかも?
第3チャクラは余ってしまうが、おそらく問題ない。
ここは人間のチャクラの中心点に当たる部分だからだ。
シンメトリでも一個しかないというのは不思議ではない。
例えば、口が二つもあったら不自然なことと似ている。

さて、ここまでのこじつけにも似た解説で何が言いたいか?
という本題だが、頭部付近のチャクラを直接調整しなくても問題ない。
ということを一応強調したい。
ただ、この情報は汎用的で、それだけが目的とも言い切れないが(笑)

要は、首から下のチャクラの調整の方が危険も少ないし楽なのだ。
それに頭部のチャクラは調整がしづらい、ということも言える。
しかし、第1~第4チャクラまで押さえておけば、
ほぼチャクラのコントロールはできるのではないか、と思うのだ。

個人的に昔から頭部のチャクラは調整しづらかった。
やはりそれは頭部を調整するというのは、
元来あまり自然なことでは無かったのかもしれない。
逆に言えば、今回の研究をそのままチャクラの開発にも活かせる。

第5チャクラを強化したければ第1チャクラを調整
第6チャクラを強化したければ第2チャクラを調整
第7チャクラを強化したければ第4チャクラを調整

これらの組み合わせで恐らく機能するのではないかと思う。
あくまで推論の域を超えることは難しいが、
何かの時に思い出して実験することは可能だろう。

という今回はちょっと変わった話だった。
つまらなかったらすいません(笑)

一覧へ戻る

2017-11-19

陽気の扱い

「陽気の扱い」

陽気の生成と組み合わせて大事になってくるのが、
増えた陽気をどのように扱うか、ということにある。

単純に陽気さえ増えればなんでもいい。
という考え方だと、偏差に向かって一直線とも言えなくもない。
陽気は神秘行の中でも、基本的で重要な要素だが、
案外、テキトーにしか考えていない人も多いようだ。

陽気の生成は慣れてしまえば、なんてことはない。
力を抜き、リラックスして丹田に意識を掛けていれば、
そのうちには勝手に出てくるものだからだ。
問題は、その後の手順になる。

陽気はそれ単体のみ強化していくと、
頭に集まって辛い状態になったり、
かえって身体に負担が掛かってしまうこともある。
これらは良い作用どころか、悪い効果を発揮してしまう。

まず、陽気は体の活動を強化する作用がある。
これだけ聞けば良いように聞こえるが、
体に邪気が溜まった状態だと、それらも強化する恐れがある。
で、もう分かる人もいると思うが、大切なのが六字訣だ。
瞑想初学者もちろん、上級者でも必要が出れば行う必要がある。

次に、陽気の増加に伴い対処しなくてはならないのが、
体の気のバランスを取ることである。
陽気が強化されて流れが悪い状態だと、イライラしたりする。
これらは、気のバランスが欠いているために発生する。

いくつかポイントとなる体の部位があるが、
一つは足からのグラウンディングである。
丹田で陽気増加後はグラウンディングも必要になってくる。
特にイライラしたら、まずチェックするのが足の気の流れ具合。

気を足に流す時、特に意識をかけるべきポイントは、
太ももの前部と足裏になる。
太ももの前部で気が溜ると、イライラが高まるので、
まず、ここをきちんと流れるようにしてやる。
その後、足裏にも意識をかけてグラウンディングを行う。

また、グラウンディングと同じく重要な場所が背中である。
特に大椎・神道ツボ付近は、体外に気が出ていくポイントでもあり、
ここの流れが滞ると、陽気過多の時、体にダメージが出る。
大体の場合、ここが痛くなったりするので、その時は調整が必要。

ついでに余談だが、陽気が抜けすぎて不足になると、
ここから幽霊が侵入してきたりする。幽霊?んなアホな
という人も気に敏感になれば、分かってくるだろう。

気が体外に出るということは、ここから侵入もしやすいのだ。
背中がゾクゾクするという表現も、おそらくここからだろう。
幽霊に一回侵入されると、私でも立て直すのに最低一日は掛かる。

普通の通り道でも、探ると危険な場所がけっこうあったりする。
特に厄介なのが宗教施設。なぜか見栄えはとても良いことが多い。
しかし、それと裏腹にかなり危険度の高い場所が多い。
吸い込まれるような神秘性を持つ宗教施設は、大体においてヤバイ。

ちなみにネット上からも気は伝達(同調?)されるため、
オカルト系の怖い話等は閲覧しないほうが良い。
実際よりもかなり気の濃度は薄まるが、
瞑想家には少なからず影響があるので、君子危うきに近寄らずだ。

それから、頭に気が昇ってしまった時、
一時的にでも、とにかく降ろしたい場合は、
風池付近のツボを親指で押しまくると良い。
そのうちに気が降りてきてシャキっとするはずだ。
ちなみに気に関して技術の無い人も、この効果があると思う。

エネルギー(気)の本質は流れである。
量よりも、流れが上質であることが何よりも優先される。
つまり、詰まりが無いか、十分に行き渡っているか、
そういったことが一番大切な要素なのだ。
流れが崩れた時、何らかの異常が出て来るものと言える。

一覧へ戻る

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground