2013-08-18

キシリトールガムをかむこと

「キシリトールガムを噛むこと」

今週もオカルトネタが出ないので健康法について書きます(--;
最近私が心掛けているのが虫歯予防に食後にキシリトールガムを噛むことだ。
今回はそのキシリトールについて考えてみたいと思う。

一応知ってる人もいると思うが、まずキシリトールとは何か。
キシリトールは、糖アルコールの一つで、白樺やトウモロコシの芯から作られる。
キシリトールガムは天然素材甘味料と謳われることもあるが、
キシリトールは天然物であるトウモロコシの芯を素材として、
化学工程を経てつくられるから、キシリトールは人工甘味料である。

キシリトールガムは歯に良いとされているが、何が歯に良いのか?
まず結論からいうとキシリトール自体が歯に良いわけではない。
キシリトール自体が虫歯を防ぐわけではないのである。
じゃあ全く意味が無いのか?そうではない、
ガムを噛むことによって分泌される唾液が歯に良いのである。
唾液に含まれるリン酸やカルシウムが歯に沈着して歯の修復を助ける。

従ってキシリトールは歯にいいわけではない。
キシリトールは虫歯は防がないが虫歯の元にはならないだけである。
またキシリトール入りとはいっても、
キシリトール含有率が100%ではなく他の糖分が含まれている製品は、
当然虫歯の原因となる場合がある。

ここまでの情報でキシリトールガムの用途は大分絞られてくる。
結局のところキシリトール自体が歯に良い影響を与えるわけではないので、
食後の口内の状態を悪化させないという用途ぐらいしか虫歯予防に効果はない。
またキシリトールガムを寝る前に噛んでも良い、と言われる場合があるが、
それはあくまで医薬用で売っているような、キシリトール含有量100%のものである。
他の酸産性のある糖分が含まれているものであれば、当然歯に悪い影響がある。
特にショ糖(砂糖)が含まれている製品は、キシリトールの効果は発揮されない。

また飴のように砂糖の濃度の高いものを食べた後などは、
容易なことでは歯垢のpHは上昇しないし、
口内に食物のカスが残っていれば歯垢のpHを上昇させることはできない。
従ってキシリトールガムを噛めば歯磨きをしなくても大丈夫とはならない。
最低でも寝る前ぐらいは歯を磨かないと歯は虫歯の強い危機に晒される。

ここまでキシリトールの悪口が続いたかもしれないが、
そうはいっても食後にキシリトールガムを噛むことは虫歯の予防につながる。
食後30分以内に20分以上噛むと効果が高いようだ。
できることなら医薬用のキシリトール100%のガムが望ましいが、
市販で売っている物もキシリトール以外の甘味料は低酸産性の物が多いと思う。
だから寝る前に食べるわけでもないならそれほど拘らなくてもいいだろう。

         

ただキシリトールに限らず人工甘味料は健康上で危険が全くないわけではない。
市販のキシリトールガムには、アスパルテームという人工甘味料が共に含まれるが、
この甘味料には「発ガン性」の恐れがあるとも言われている。
キシリトールガムも食べ過ぎると、お腹が緩くなったりもするので、
そういったことを考えると必要以上に摂取するのはどうかと思う。
ただ口が何となく寂しい時に砂糖入りのお菓子を食べるよりかは、
一粒ぐらいキシリトールガムをかむ、というのは歯の衛生上には良いことだと思う。
また手軽に虫歯予防できるグッズとしては費用対効果が高いと思う。

一覧へ戻る

2013-08-10

必要なものが与えられる

「必要なものが与えられる」

精神世界においてもたまに見かける言葉で、
私が常々感じているものが「必要なものは与えられる」という言葉です。
必要なものとは単に物質的なものだけではなく、
人間関係や自分にとっての機会であるものも含まれます。
いわば総合的な環境のようなイメージです。

私自身のそう長くない人生を振り返ってみると、
今まで得てきた経験は、どれも自分にとって必要不可欠であると感じています。
これは私個人だけなく、全ての人にもあてはまると思っています。

この必要な物が与えられる、という言葉を読み解くにおいて、
プラスの事柄はそれほど苦もなく受け入れることができるでしょう。
例えばお金が足りない時に、なんらかの工面ができて助かったとか、
冷えきった人間関係が、あることがきっかけで持ち直した、といったことも、
ああいうことがなければ、今の自分は無かったと思いやすいものです。

逆に困惑してしまうのが、マイナスの環境や経験についてです。
何かの事象で努力したのに、あと一歩が足りなかったとか、
人生がうまく進んでいたのに、病気に掛かって大変な思いをした。
といったことは、あんなことなければうまくいったのにとも思いたくなります。
しかし、そういったマイナスの現象は偶然に起こるのではなく、
自分にとっては必ず意味がある出来事だと私は考えています。

   

私自身の例を挙げると、
私はある時期に重い病気にかかったことがあります。
その病気のせいで、一度ほんとに文字通りに死にかけたことがあります。

そこから普通の状態に戻るまでは、
当時は当たり前だと思ったけど、今にして思うと並大抵の苦労ではなかったです。
いつも絶望と戦っていました。きっと自殺する方が楽だったかもしれません。
でも僕はしなかった。自分と戦うことを無意識に決めていたんです。

それを乗り越えてから、ようやく人生にバランスが取れてきた。
それは本当に最近のことです。
今振り返ると丁度ブログを書き始める少し前ぐらいからですね。
ですから、僕はもうそう簡単に絶望に負けることはないでしょう。
もう死ぬことも別に怖くない。痛みや苦しみは嫌ですけどね。
それが普通の人との違いかもしれません。

こうなれたのも生命のピンチがあったからなんです。
人生というのは不必要なことは起こらないんです。

こういった経験から学んだことは、
マイナスの出来事に合ってしまった時、それは自分の人生にとって、
どこか必要な側面があったのではないか、と考えることでした。

ただ、それはすぐ分かることではないかもしれません。
特に自分の価値観が崩れるほど悲観的なことが起こった時、
そんな状態では、とてもそこまで考えが及びません。
しかし、悲観的な出来事の時こそ、大きなチャンスが巡ってきている。
と、私は考えています。

悲観的な出来事こそ、
後になって自分に良い影響が返ってくるものだと思います。
今辛いことは必ず後で実りになります。
飛び立つ前には屈まねばなりません。
成長するためには苦しむことも時に必要となるのです。

こう考えると、人間という生き物はなんとも辛いものです。
生涯自分の人生を通して、修行しているようなものだと思います。
しかし、だからこそ人間にとって「生」が価値のあるものなのです。

  

一覧へ戻る

--関連記事--
「機会は必ず訪れる」---人生の不幸は避けられないが、チャンスが来ないこともありえない。
「人生は戦いのようだ」---人は常に戦わされている。

2013-08-03

自己解決の力

「自己解決の力」

何かを修めるにあたって、良き師を求めるのはけっこうなことでしょう。
しかし、一人で積み上げていく時間というのも、
一見非効率に見えるかもしれませんが、とても重要な意味を持つと私は考えます。

というのは、良きアドバイザーがついてしまうと、
できうる限り自分で工夫しようとする能力が損なわれるからです。
この自己解決の力というのは、とても大切で後になるほど価値が出でてきます。
自分一人で解決できる力を身につけてさえいれば、
成長の限界をかなり先延ばしにできると私は考えます。

なぜなら、例え成長の壁にぶつかったとしても、自分で乗り越える術があるからです。
そして、いくら良き師がいたとしても、いつまでもその膝下に入られるかも分かりません。
これは親子の関係にも言えることです。
良き師というのも自分が成長する程、その絶対数も少なくなります。
最終的には自分の道は自分で歩く術を持っていないと、後々に困るのです。

     

若い内は苦労しろ、可愛い子には旅をさせろ、という真意はここでしょう。
自分で障害を乗り越える力を身につけておかないと、
後で余計に苦労するから、ということです。

お節介な人間とはここを履き違えてしまうのです。
人を助けようとしたつもりが、それがかえって崖からのひと押しになってしまいます。
これは人が人に何かを与える上で、最も留意しなければいけない点です。

話を戻して、自分が良き師に巡り合わないなら、
それもまた一つの道であると思います。
更なる環境を求めて東奔西走することも必要かもしれませんが、
今ある材料で出来る限りやってみるというのも一つの在り方です。

人間の運命というのは面白いもので、
必要な条件が揃えば自然と事は進みますし、人間にも恵まれます。
それをわざわざ拒むことはありません。
しかし、やれるところはまず一人でやってみる、
という自立した思考を持つことは後々のためになるのです。

一覧へ戻る

--関連記事--
「なにかを修めるのに必要となるもの」---自分を導く明かりとは。

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground