2016-02-28

地球の命と人間の命

「地球の命と人間の命」

ある存在の命の尊さというのを考える時、
その命の価値について、他の命と比較して考えたことは、
誰でも一回ぐらいはあるのではないでしょうか?

命は測りがたいものであるので、
その価値を正確に出す、ということは土台無理があるといえます。
しかし、一つの生命が消えるということの意味は、
その命が死ぬ時、他の存在にどれぐらいの影響があるか?
それによって、その命の大きさがある程度分かると私は思います。

その中で、私が興味を引かれるのは、
人間の命と地球の命を比較した時の違いです。

現在私達は地球なくして、どうやっても生きられません。
私達にとって地球が無くなることは、人が死ぬことより致命的です。
このことから、地球>一人の人間 であることは、
何となく当たっていると思います。

ただ、注意して欲しいのは、価値というのは主観的なものですから、
地球が無くなったとしても、ある人と一緒に死んだほうがいい、
そのくらいの特別の思い入れがあれば、話はまた変わります。
今回の一人の人間というのは、自分と無関係の人間ということにします。

地球>一人の人間 とすると、
地球にとって人間という存在は、それほど大きな価値を持たないかもしれません。
では、地球にとって私達は別にいてもなくてもいい存在なのか?
私はそうは考えてはいません。

逆に比較対象を私達よりも小さい命で考えてみます。
私達は体の中に様々な命を持っています。
それは菌だったり、細胞だったり、赤血球だったりします。
これらは生きているものですから、私達よりも小さい命と言えます。

私達はたった一つの菌や細胞が死んだ所で、まず困りません。
あなたは体の中の細胞が一つ死んだからといって、
大慌てすることはないと思います。
この点について、地球は人間が一人死んだからといって、
大慌てにならないことと同じです。

しかし、突如体の中の赤血球が全部死にかけたらどうでしょうか?
おそらく、人間も生きることができないので大慌てになるでしょう。
ということは、これは地球にも同じことが言えると思います。
突如として地球に存在する人間が、一人もいなくなったとしたら…?

生命というのは、相互に影響を与えるものです。
人間の環境破壊で良く言われることですが、
生態系を少しでも崩してしまうと、
関連する様々な所まで大きな影響を与えることになります。

それと同じように、地球にいる人間全てが死んでしまったら、
その環境への影響は計り知れない、と私は思います。
私達も地球の生態系の一要素であることは間違いありません。
私達全てが死んでしまえば、地球にも困る所が必ずあると思います。

つまり、地球が現状を存続できないほど人間がいなくなれば、
それは地球も慌ててしまうと思います。
私達は自分を比較するのが、あまり得意ではありませんから、
こういった視点は抜け落ちやすい所ではあります。

人間の体の中の赤血球が全て無くなると、人間が死んでしまう。
というのであれば、人間の命=全ての赤血球の命 の価値基準は、
命の重さとして見た場合、あまり大きく外れていないと思います。
これと同じように、地球の命=全ての人間の命 の価値基準も
そう大きく外れているとは思わないです。

どうでしょうか?
命の重さについては正確に分からないものですが、
比較対象を色々変えてみると、
また変わった視点が浮かんでくるかもしれません。

今回の記事が皆様の何らかの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

2016-02-20

僕が得てきたもの

「僕が得てきたもの」

過去、僕が得てきた物で、以下の重要な3つがある。

①囲碁で養われた大局観
②瞑想で養われたバランス力
③老子を知ることで得た柔弱な生き方

おそらくこの三つは、場合によればたった一つでさえ、
普通の人では一生得られない貴重なものかもしれない。
手前味噌かもしれないが、
この若さで、これら全てを揃えている人は少ないかもしれない。
だが、それゆえ僕はあまり理解されない人間かもしれない。

普通の人は大局的な視点を持つことより、目先の方が重要だろう。
なぜなら、それで困ることは当面は出てこないからだ。
僕が考えているようなことは、妄言のようなもので、
そんなことはどうでもいい、と考えるかもしれない。

普通の人は、体と調和して生きることよりも、
エネルギーに溢れた生き方を好むかもしれない。
僕が調和のために行っている作業は、鈍くつまならいもので、
そんなことは何の役にも立たない、と考えるかもしれない。

普通の人は、柔弱な生き方を目指すよりも、
お金を集めて出世を目指したり、剛強な生き方を好むかもしれない。
僕が実践しようとしている柔弱な生き方は、
あまりにも愚かで、馬鹿馬鹿しいと考えるかもしれない。

つまり、僕は普通の人がみれば、
妄言を吐く愚鈍な人間に見えることもあるだろう。
しかし、僕は自分の生き方の長所を知っている。

もし、僕が目先の事しか考えていなければ、
人生で予想外の失敗をしてしまう危険性が大きく高まるし、
もし僕がエネルギーに溢れた生き方を好んでいれば、
僅かな時間で、エネルギーを使いきってしまうだろう。
もし僕が剛強な生き方を好んでいれば、
その剛強さが崩れた時に取り返しのつかないことになる。

僕の生き方の特徴は失敗が少ないことである。
その理由は下記の通りだ。

 ①全てが無理なく持続可能であること
 ②継続する限り、その質が向上していくこと
 ③重要な部分を他者に依存しないこと

僕はこのように、後になればなるほど有利な生き方だから、
生きることに楽しみも多いし、誰からも恨まれるようなことはしないから、
致命的な失敗をする危険も少ない。
自分の根幹を他者に依存しないから、心が動揺することもない。

従って僕の人生の見通しは、
一般的な尺度で言えば、暗いように見えるかもしれないが、
とても安全に成功を目指すことができる、と思っている。

逆に普通の人が考える人生の明るさとは、
(例えば、お金をたくさん持っているとか、地位があるとか)
これらは非常に不安定な要素を含むことが多いから、
本当に安全かといわれたら、僕はそうは思わないのである。

僕はあえて愚鈍に徹することで、自分を巧みに守っているのだ。
あえて愚鈍に徹しているから、天の理を知ることができるし、
人から羨ましがられたり、恨まれたりすることもない。
愚鈍に生きることは、僕にとっての処世術そのものなのだ。
 
一覧へ戻る

2016-02-13

状況を整理する

「状況を整理する」

人間というのは良くも悪くも単純な生き物です。
ですから、複雑な物事をそのまま理解することは向いていません。
賢い人は複雑な状況を、そのまま理解しているのではありません。
賢い人は複雑な状況を、単純になるまで整理することができるのです。

多くの場合、物事を整理する作業の効率を高めることは、
仕事や日常生活の質を高めることに繋がるでしょう。
整理を正確に行うためには、
以下のように、いくつかのポイントを意識します。
賢い人はこういったプロセスを無意識に行っていると思います。

①難題は分割する
②問題と解決策を具体化する
③問題は消去法で考える


①難題は分割する

 整理するべき物事の中には取っ付きづらい物事もあります。
 何をどうすればいいのか…と思うことは大体そうです。
 何をどうすればいいのか、ということを、
 そのままにしておくと、無駄が生じやすいと言えます。
 ですから、問題が複雑であれば、まず小分けにすることを考えます。

 例えば、人生に成功するためには?と言う問題があったとしてます。
 このままだと、回答がとても出しづらいと思います。

 では、人生を期間で分けてみましょう。
 学生時期、社会人時期、老年期、三つぐらいに分割するとします。
 さらに、社会的な事柄とプライベートな事柄に分割するとします。
 これで、人生を3×2で6つの要素に分割することができました。
 
 では最初の問題と比較してみましょう。

 1.人生で成功するためにはどうすればいいか?
 2.学生時期に勉強で成功するためにはどうすればいいか?

 前者と後者の問題を比較した場合、
 後者の方が、まだ回答を出しやすいと感じないでしょうか?

 このように、物事は細分化するほど回答は楽になるケースは多いです。
 難問に立ち向かうために、自分を難問に合わせるよりも、 
 自分が答えを出しやすくなるまで、問題を細分化する方が簡単です。
 なぜなら、人間はすぐには変わることができないからです。


②問題と解決案を具体化する

 自分の問題となることが抽象的であれば、それを具体化します。
 問題というのは、具体化して困ることはあまり多くありません。
 そして問題を具体化できないと、具体的な解決案を出すことは難しいです。
 ですから、問題はできる限り具体化します。
 
 例えば、今日の晩ごはんのメニューが問題だ。

 という問題があったとすると、
 これだけでは、まだ問題がしっかりと具体化されていません。
 晩ごはんのメニューのどこに問題があるのか?
 そこを、一歩掘り下げてみます。

 晩ごはんのメニューを作る資金面とメニューの重複が問題だ。

 こうなってくると、少し問題が具体化できました。
 解決策を具体的にするには、さらに掘り下げる必要があります。

 晩ごはんのメニューを1000円以下、中華と洋食を避ける必要がある。

 ここまで来て、ようやく問題が具体化できました。
 重要なのは具体的な数字や具体的な要素が出てくることです。
 多くの場合、数字や物事の要素がはっきり出てくれば、
 問題の具体化は大分進んでいます。

 あとは、それを具体的な解決案に繋げればいいのです。
 問題がしっかりと曖昧な部分がなく具体化されていれば、
 解決案の具体化は行いやすいです。
 
 晩ごはんのメニューは1000円以下の和食のお弁当を買う。

 これで、解決案を具体化することができました。


③問題は消去法で考える

 自分の問題となっていることは、
 出来る限り正確に回答を出したいと考えるでしょう。
 そのためには、問題に対して様々な解決法を考えて、
 そこから不要な要素を捨てていく方が、多くの場合簡単です。

 つまり、多くの問題は消去法で考える方が選択が楽と言えます。

 問題となっている事柄には、
 まず、深く考えずに様々な解決法を書き出してみます。
 そこから今度は反対に、役に立たないと思う方法を捨てていきます。
 このようにプロセスを分ける方が負担が少ないといえます。
 考えながらアイディアを出そうとすると人間は疲れます。

 なぜなら、人間の右脳は発想することに長けていて、
 左脳は計算や判断することに長けているからです。
 ですから、発想と計算・判断を同時に行うよりも、
 それぞれの処理を分けた方が、人間は正確かつ楽に作業ができます。 
 
 そして、多くの選択肢があった場合、
 いっぺんに答えを決めようと、選択肢を捨てるのではなく、
 複数の基準を設けて、なるべく簡易な基準から選択肢を捨てていきます。
 
 例えば、家を選ぶ時に自分の重要な基準が以下のようだとします。

 1.家賃が10万以下であること
 2.交通手段が豊富であること
 3.近くに良い医療機関があること

 こういった場合、まず数字が出ている1の基準が簡易に判別できます。
 ですから、そこでふるいにかけることができます。
 次に2の交通手段も調べることが容易なので、
 そこで、判別がしやすいでしょう。
 最後に3を判断すれば、一番早く正確に物件が選定できます。
 
 このように、選択肢を狭めるにしても手順というものが大切です。
 出来る限り単純に判断できることから選択肢を捨てていく、
 こういったことを日々意識するだけで、
 選択の手間は減り、選択のスピードは向上すると思います。  

一覧へ戻る

2016-02-06

チャクラ・チューニング研究オススメ本

「チャクラ・チューニング研究オススメ本」

今回はチャクラ・チューニングにおいて、
僕がオススメする文献を紹介したいと思います。

今回のコンセプトは秘伝書よろしく、
絶版本、入手困難、技術的に難解な本は避けます。
現在まだ市販されている本、初心者も理解できる本、
それのみで、編成を行いたい思います。

ただオススメ本でも、本の内容全てをオススメしません。
この本の「ここ」が優れている、という部分だけ取り上げ、
使えない部分は基本的に酷評を行います。
皆さんには各オススメ本の、良い所だけ参照して欲しいです。


オススメ文献①:

 タイトル:「Yogaではじめる瞑想入門」
 著者:綿本 彰

 ------------評価------------
 瞑想入門と、銘打ってあるが、その中身はチャクラの本。
 紙面の大半をチャクラの解説に使っている。
 そのおかげでチャクラの基本的解説はピカイチ。
 チャクラの解説の内容も体系的に作られているので、
 チャクラ・チューニングを行う人は持っておくと良い。

 だが、本題の瞑想本としては、実用的とは言いがたい。
 チャクラの解説が主体で、瞑想内容はおまけ的と言える。
 従って、この本はチャクラの理解のためだけに使うべき。
 著者本人は瞑想の有効な技術を持っている可能性は高いが、
 この本では、そういった秘伝的なものはあまりない。

 点数評価は以下の通りとする。

 チャクラについて:80点
 気の感覚化について:記述なし
 瞑想について:20点
 瞑想のコツ:5点
 --------------------------


オススメ文献②:

 タイトル:秘法超能力仙道入門
 著者:高藤 聡一郎

 ------------評価------------
 二つ目の本は有名な高藤氏から選出。
 この本は誤解されやすいので、まず悪いところから書く。
 この本に書かれていることは、
 半分ぐらいが商業用のために誇張された内容であること。
 それでも、なお使えるというのは、代替本が無いからだ。
 
 この本の参照すべき点は、気の感覚と瞑想の方法である。
 一番見て欲しいのは気の感覚の記事である。
 これは、注目すべき点であり、
 他の本には、この記述と同レベルのものはあまり無い。
 瞑想の方法についてだが、これは半分ぐらい使える。
 主に瞑想環境面と所作が参考になる。

 しかし、いざ小周天以降の内容に入ると、怪しくなる。
 この本の著者は、秘伝はあえて隠す主義なので、
 重要なことは本にあまり載せないと思われる。
 特に伝記的な部分、超人を示唆する内容には、
 妙に具体性があるが、絶対に取り込まれないよう注意。

 点数評価は以下の通りとする。

 チャクラについて:10点
 気の感覚化について:80点
 瞑想について:40点
 瞑想のコツ:20点
 --------------------------


オススメ文献③:

 タイトル:当サイト(集合定思考)
 著者:道顕

 ------------評価------------
 三つ目は当サイトをあえて自己評価する。

 当サイトの最大の特徴は商業用ではないこと。
 従って、製本された文献ほど纏まってはいないが、
 記事の強引な歪曲などは行われていないことが特徴。
 記事は比較的他所からの引用も多い。
 
 チャクラ・チューニングを体系化した記事とはしているものの、
 各所の記事は掘り下げが薄い部分もある。
 チャクラそのものについてや、気の感覚についてなどは、
 他の有効な文献の方が優れているといえる。

 しかし、他所より優れている点は、
 著者が獲得した、瞑想のコツが各所に散在されている。
 特にチャクラ・チューニングに特化したコツが散在していて、
 これは他所を探しても、現在は見つかることはないだろう。
 内容的には下手な瞑想本よりも高度な内容が記載されており、
 無料で見られることから、
 チャクラ・チューニング実習者には必読であるといえる。

 点数評価は以下の通りとする。

 チャクラについて:20点
 気の感覚化について:20点
 瞑想について:40点
 瞑想のコツ:70点
 --------------------------


今回は以上三つの文献をオススメとします。
チャクラ・チューニングを行うなら、一度は目を通すことを推奨します。
もちろん、一冊の本として見た時は悪いところも多いので、
一番良いところだけをつまみ食いするように参考とするべきです。
 
一覧へ戻る

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground