2016-06-25

弱点の考え方

「弱点の考え方」

僕は囲碁を趣味としていますが、
囲碁の考え方は、僕に様々なことを教えてくれます。
弱点の扱い方も、その一つと言えます。

一般的に、多くの人は弱点が少なければ少ないほど良いことだ。
そう考える人が多いかもしれません。
しかし、これもちょっと角度を変えて考えてみると、
必ずしも現実にはそうであると言えないのです。

囲碁では相手の陣形の弱点が一つになったら突入する。
そういった、打ち方に原則的な指針があります。
その理由は相手の弱点が一つになった瞬間に突入するのが、
相手に最もダメージを与えることができるからです。

逆に言えば、弱点が二つ以上の時は必ずしも急がれません。
弱点が一つになるまで待ってから、突入する方が効率が良いからです。
相手の弱点が多い時に、相手の陣地に突入すると。
かえって相手に調子を与えるしまうことが多いのです。

これは現実世界でも似た所があると言えます。
どんな相手や事柄でも、弱点や欠点が全く無くて取り付く島もない、
ということは現実でも滅多にありません。
多くの場合はどんなことでも、何らかの弱点や欠点を持っています。

そういった時、弱点が一つだと、最も弱点を狙われやすく、
かつ、そこを突かれた時のダメージが大きいのです。
弱点がたった一つであるというのは、非常に脆い状態なのです。

逆に弱点が二つよりも多く、三つぐらいあったらどうでしょうか?
弱点を突かれるのは確かに痛いことですが、
弱点が一つの時よりも、ダメージは少なくなることが多いと思います。
それは、弱点を突かれることを前提で物事を運用するからです。

逆に弱点だらけで目も当てられない、というのも問題ですが、
弱点を減らしすぎて、かえってそれが目立ってしまうというのも問題です。
弱点や欠点を全て無くすことができれば、それが一番良いことですが、
えてして、そういう時は多くの労力がかかった割には成果が見合わないし、
そもそも弱点や欠点を潰しきることができない、
ということも多いのではないかと思います。

しぶとさという点においては、潰しきれない弱点は、
必要以上にカバーしようとしない。これも大切な考え方です。
弱点を減らしすぎて困るのなら、ある程度の所で放置する。
これが最もしぶとい戦略となることもあります。

以上は物事の弱点をどうするか?という局部的な考え方ですが、
全体を大局的に見た時にも、大切な考え方だと思います。
囲碁では部分的に手を掛け過ぎることを極度に嫌います。
それは石の価値が全て等しく、少ない石数で最大の働きを追求すること、
つまり、効率を最も重視するゲームだからです。

そういった時に守り切れない複数の弱点を守ろうとするのは、
全体を通して見た時、非常に効率が悪い打ち方となります。
仮に木を見た時は完璧でも、森を見た時はメチャクチャになっている。
こんな状態ではダメなんですね。でも逆ならあり得るのです。
部分の欠点が、全体を見た時にカバーされているなら問題ないのです。

この考え方は、全ての事柄に適用されるわけではありませんが、
弱点について考えた時、こういった発想も持っていると、
また、物事の見え方が変わってくるのではないかと思います。

以上、今週も皆様の何らかの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

2016-06-18

気の感覚を良くする方法

「気の感覚を良くする方法」

私が書いている手のひらチューニングで最も重要となるのは、
手のひらの気に対する感度です。
手のひらに気を感じることがある程度できないと、
手のひらチューニングはあまり高い効果を発揮できません。

では、どうすれば手のひらの気の感度を上げることができるのか?
今回は、その方法について考察してみたいと思います。
これは僕の現在のこうしたほうがいいんじゃないか?
という考えなので、多少的が外れているかもしれませんが、
どうかそこはご容赦下さい。
ソースとなるものが高藤本ぐらいしか体系的なものがないため、
そこに僕独自の理屈と経験を加えたものが主になります。

まず、気の感覚の要素として以下のようなものがあると思います。
①気の強さ、②感度の良さ、③自分との相性

①の気の強さは、一般的な話をすれば、
気が強ければ強いほど感覚として感じやすいのは間違いありません。
特に強烈なエネルギーを発しているものは、
普通の人でも何かに圧倒されるような感覚を受けたりします。

ですから、気は強ければ強いほど分かりやすいので、
自分の気を感じやすくするためには、自分の気を一時的に強化する。
これが一つの方法だと思います。
では、どうすれば一時的にでも気を強化することができるのか?

これは簡単です。体を適度に活動的な状態にすればいいのです。
例えば、気功的な方法でいければ高藤氏考案の練気功や、
チャクラを刺激することを目的としたチベット体操、
本格的なゆっくりした太極拳も効果が高そうです。
一般的なものであれば筋力トレーニングや入念なストレッチ、
あとは軽いジョギングや散歩をするだけでも大分違います。
こういったことをするだけで大分肉体が活動的になります。

肉体を活動的な状態にすることが、
気を一時的に強化する最も簡単な方法です。
注意点としては活動し過ぎて疲れてしまうようでは逆効果。
今度は気を感じるための感度が鈍ってきます。
そういう意味からすれば、スポーツ等でもいいですが、
疲れるまでやるというよりは、軽くならす程度が理想です。

どこでもできる方法としては、
手のひらを、かなり熱くなるまでこすり合わせたり、
高藤本に載ってる括約筋のトレーニング(どこでもできる)や
下腹の前後運動でも一時的に気が強くなるようです。
つまりこういったことを気の感覚化の練習前に行えば、
それだけ一時的に気を感じやすくなるということです。

②の感度の良さを上げるためには、とにかく練習あるのみです。
これについては、日頃から気の感覚化のトレーニングをしたり、
色々な物の気を手のひらで感じてみることが重要な方法です。
要は、手のひらで気を感じる時間を増やせばいいということです。

気は対象物によって発生している感覚が異なる場合が多いので、
その違いを肌で感じると、なお面白いかと思います。
ただ、実際そこまで区別できるになるまでは、
相当の訓練が必要ですから、
やはりまずは自分の手のひらの気を、しっかり感じることができる。
その状態を目指すのが良いと思います。

どんな所に行っても、自分の手のひらは自分と同じ場所にあるので、
暇をみては、手のひらを合わせたりして、練習することです。
そんなことバカバカしいと思うかもしれませんが、
やはりこういった細かい積み上げが後になってモノを言います。

③の自分との相性はやや高度な内容ですが
自分が感じやすい気や感じにくい気は確かにあると思います。
これは自分の内部の気をどのように感じるか?
そういった事とも関連があると思います。

気を熱として感じやすかったり、磁気的な感覚や、電気的な感覚、
清涼感だったり、風のような空気流れる感覚や、
痛みにも似た軽い刺激的な感覚など、気の感じ方はまちまちです。
自分の感じやすい気の感覚というのも人によってまちまちでしょうから、
自分が一番感じやすい気の感覚をより高精度にしていく、
これが最も合理的な方法ではないかと思います。
そのうちには、得意な感覚以外でも気を感じれるようになるかと思います。

あとは全体を通して言うとすれば、
何事も基本は焦ってはいけないということです。
そして、暇な時間があれば手のひらを使ってコツコツ感覚を作ること。
そういった小さな積み上げが大切です。

今回の記事が皆様の何らかの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

2016-06-11

ほどほどで満足するには

「ほどほどで満足するには」

世の中の多くの人は、高いの能力や競争する力を重視するかもしれません。
そういう人が多いほど世界は荒れやすくなります。
調和的な感覚を身につけるというのは、実は大変なことです。

一番例として分かりやすいのが、ほどほどで満足するということです。
人間というのは常に様々な欲望を抱いていますから、
あれも欲しい、これも欲しい、という願望は尽きないのです。
この欲望をコントロールするというのは、すごく大変なことです。

欲望を力に変えて戦うことは、才能と努力と運があれば形になります。
どうやら世間一般では、このことがとても重視されているようで、
何でも強いことは良いことだ、というのが一般的な見方でしょう。
しかし、私は目に見えることよりも、別の部分を大切にしています。

それは他人に勝つということではなく、自分に勝つということです。
欲望をコントロールするには、他人に勝つ必要はありません。
しかし、自分に勝っていなければならないのです。
これはとても大変なことなのです。

多くの人は、自分の中の様々な思考や感情をコントロールすることを、
他人に勝つことより、重視されていないかもしれませんが、
私はなによりも、自分をコントロールすることに重きを置きます。
なぜ人より優れている、という利益を捨ててまで自分を重視するのか?

それは、これが出来れば人生の苦しみを大幅に減らせるからです。
苦しみは自分自身が生み出すの物ですから、自分を支配することが必要です。
ですから、私は自分が他人に勝つことも、他人が誰かに勝つことも、
あまり興味がありません。
なぜなら、他人に勝ったところで人生の苦しみが消えることがないからです。

では、どうすれば、ほどほどで満足できるのか?
これは中々難しい問題です。

一つ目は、物事に利点と欠点の両方が必ずあること理解することです。
 まず、良い話が出たら疑る。これが大切です。
 世の中は利点ばかり強調する人が多いですから、
 その欠点を考えるだけでも、欲望の火は大分少なくなります。

二つ目は、必要な物以外は獲得しないことです。
 これは、非常に難しいですが、余計な物を獲得しないことは大切です。
 余計な物を持っていると、それが負担となることよくあることです。
 多くの富を持っていれば狙われますし、妬まれもするでしょう。
 持つことの害悪と、持たないことの利点は、よく考える必要があります。
 これを考えなければ、獲得し過ぎることが、なぜ良くないか認識できません。

 ただ難しいのは、何が、どれぐらい必要か、という判断です。
 ここを見誤ると危険です。
 自分には、どんなものが、どれだけあれば安全で満足できるのか?
 これを常に考えておかねばなりません。
 必要な物が必要な分だけあることが、人生の失敗を減らす鍵です。

三つ目は、世間体やプライドに振り回されないことです。
 これは多くの人に当てはまることだと思いますが、
 やはり人は大なり小なり世間体を気にします。
 世間体は自分の合理的な生き方とは、相反することがあります。
 これらは欲望の炎を燃やす、燃料源とも言えると思います。
 
 僕は余計な世間体やプライドが元で、人生を苦しくした人をよく見てきました。 
 そのことから、自分の人生に無駄となる物は捨てることが大切だと思います。
 どんな形であれ、他人に迷惑をかけず自分が幸せならそれで良い。
 というのが僕の信念です。
 自分の外見ではなく、自分の人生の中身を重視することが大切です。

今回は以上です。皆様の何らかの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

2016-06-04

手のひらチューニング②

「手のひらチューニング②」

今回は再び手のひらチューニングについて取り上げたいと思います。
手のひらチューニングの概要についてはこちらを見て下さい。

最近、僕は再び手のひらチューニングに注目しています。
その理由は効果が非常に出やすく、分かりやすいためです。
気の感覚化が行えるようになってから、
手のひらで体の各所の気の状態を確かめると、
どこがどのような状態になっているか。という事がわかります。

例えばイライラしている時に胸の気の感覚を確かめると、
ビリビリするような気を手のひらで感じたり、
風邪の時に腹部を探ってみると熱っぽい気が伝わってきたり、
逆に患部が弱っていたりすると、
冷房もつけてないのに、手が冷や~っとしたりします。

これらは当然良くない状態なので、処置を施す必要があります。
まず実証(熱やビリビリするど気が強くなる異常)の場合、
患部に手をあて、気を吸い込むような感じで手をあてます。
(といっても大体は手のひらに気の感覚を感じているだけで、
ほぼ自動的に手のひらが調整を始めますので、
あまりイメージをしたり、強い集中は必要ないのです)

こうしていると自然に手のひらに異常が移っていきます。
今まで患部の症状が手のひらに出たり、手が痛くなったりします。
これを続けて行くと、そのうち患部の異常が消えていきます。
その代わり手や手から肩の部分が辛くなってくるので、
患部に手を当てるのを止めて、
手の内側を上に向けて別の空間に気を放出させます。
2017年8月5日改訂
手の内側を下に向けてた方が気が放出しやすいようです。

虚証(手が冷えるような症状)の場合、
これも患部に手をあて気の感覚を出すと、
ほぼ自動的に患部が手の気を取り込み始めます。
すると手が冷たくなってくるので、
手の方がダルくなったり辛くなったら一旦そこで止めて、
手の気が回復するまで待った後、繰り返して行います。

これはセルフヒーリングのテクニックだと思います。
これができるようになると非常に便利です。
何か精神的に辛くなった時、咄嗟に応急処置を取れるからです。
私が提唱するチャクラチューニングと合わせると、
かなりのケースに対応できると思います。

これが自分に対してできるようになると、
おそらく、他人に対しても同様のことができるようになると思います。
ただ、僕は他人に対してこういうことを行わない方が良い。
そう思っています。

理由として、他人のひどい状態を背負わされるというのは、
たまったものではないからです。

高藤氏の本を読んだりすると底なしに気を吸う人や、
ロクでもない悪霊をしょいこんでいる人もいるらしいので、
そういった悪影響を受けないためには、
全て自分の中で完結した方が安全だと考えるからです。
ですから僕は他人に対してこういったことは行いません。

手のひらチューニングはチャクラ・チューニングよりも、
気の察知と調整が容易であるということが挙げられます。
対してチャクラ・チューニングは、
手のひらだと調整が難しい所にも対応できますし、
体の内部から調整をかけることができるので、
両方ともそれぞれ利点と欠点があると言えます。
片方をするなら、両方とも使えるようにした方が良いでしょう。

今回の記事が皆様の何らかの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground