2016-08-28

等価値について

「等価値について」

この世界の優れた点というのは、何事にも利点と欠点を作り、
全ての物事が等価値となって、バランスが取られていることです。

一見して、我々は物事に大きな優劣がある、と考えてしまいます。
例えば、お金を多く持っている方が貧乏より良いだとか、
狭い人間関係よりも、多くの人と交流をもつ方が良いとか、
無名であるよりも有名である方が良い、といったことです。

しかし、こういった事柄もよーく精査すると、
単純に良いこと、悪いこと、とは分類できないと思います。

お金を多く持っているということは、一見良さそうですが、
多くの人から資産を狙われて、良からぬトラブルやリスクが増えますし、
良くない人間を自分自身に近づける要因になります。

多くの人との交流を持つというのは、一見良さそうですが、
本来関係のない人間関係のトラブルに巻き込まれやすくなります。
当然、人間関係を維持するためには労力が掛かります。
また、自分と他者を比較する機会も増えるので悩みも増えていきます。

有名である、ということは一見良さそうですが、
有名になればなるほど、人からの嫉妬も受けやすくなりますし、
多くの人を惹き付ければ惹きつけるほど、迂闊に発言できなくなります。
下手に反感を買うこと言えば、恨みを持たれるかもしれません。

さて、こういったことを考えると、
諸事万端というのは、必ず利点と欠点を持ち合わせているのです。
常識人がこちらよりあちらの方が良いというのは、
ほとんどの場合、その利点と欠点の精査が出来ないためだと私は思います。

こういったことを考えると、
世界の創造において天は等価値を重視していること。
この宇宙の創造において単純な優劣をつけさせない、
という点において、天が尋常ならざる気配りをしている、
それが分かるのであります。

なぜ、そのような気配りをしているのか?というと、
私達に自由な選択をさせるため、と推測できます。
私達は全ての事柄が基本的に等価値であるからこそ、
多様な選択肢を持つことができるのです。

優劣をつけてしまえば、わざわざ劣る方を選ぶことは無くなります。
それを避けるために、物事は全て等価値になっているのです。
そうすると天の意図がにわかに見えてきます。
つまり天は我々に物事の選択をさせたい、ということなのです。
あらゆる素材の中から、自分が求めることを選ばせたいのです。

なぜ、天は私達にそのような選択をさせたいのか、それは分かりませんが、
我々はそのルールに則って、あらゆることを選ぶ必要があります。
ですが、その選択の本質は常に等価値である、
ということを知っていた方がいいでしょう。

つまり、どんな選択にも良い所と、悪い所があるということです。
それを知っていれば、必要以上に人を妬むことも無いですし、
案外、今の自分の立ち位置が悪くない、と思うかもしれません。
私達は常に片方を良しとする事が多いですが、
それが本当に良いのかどうか、よく考える必要があると言えます。

良いとされることに欠点を見つけ、
悪いとされることに利点を見つける、
そのように物事を見ることができれば、
執着を減らし、物事を冷静に判断しやくなると私は思います。

一覧へ戻る

2016-08-21

成長のチャンス

「成長のチャンス」

僕は人が成長する時は、環境があまり良くないことが多いと思っています。

人間はある程度追いつめられたり、ピンチに立たされた時、
ようやく、知恵を絞って問題を解決しなくては、と考えます。
この考え方は間違っていないと僕は思っています。
うまく事が運んでいる時も色々考えるのは、逆に状況を混乱させます。
うまく事が運んでいる時は、現状を継続すれば良いだけなのです。

ですから、物事に対してしっかり知恵を絞り、
状況を変化させるべき時というのは、
うまく事が運んでいる時には、早々訪れないものなのです。
こう考えると、何が良い時で、何が悪い時なのか良く分かりません。

物事がうまく成功している時には、現実的利益は多いですが、
その代わり自分が成長する機会は減ってしまいます。
物事があまりうまく行かない時には、現実的利益は少ないですが。
その代わり成長する機会は多いと言えるのです。

自分は成長しなくてもいいから現実的利益だけが欲しい。
と考える人もいるかもしれませんが、
そういう人は、むしろ成長の機会を多く与えられるような気がします。
自分の実力と現実的利益というのは、多くの場合、
その足りない方の増える機会を、天が与えると僕は思います。

ですから、怠けてばかりいれば、
そのうちには、自分が成長できる厳しい状況に立たされるでしょうし、
実力を常に高めている人は、いつかは現実的利益を呼び込むでしょう。

天というのは、常に片方だけ良いことばかりになるのを嫌います。
現実的利益と成長の機会というのも、これと同じ事柄で、
どちらにもメリットがあれば、デメリットもあるように作られています。
世界はそのように作られているのです。

ですので、成長する機会が訪れる時には、困難な状況が多いことでしょう。
しかし、それは単なる困難ではなく、成長のチャンスとも言えるのです。
以前テレビの何かのCMで「チャンスはピンチにやってくる」
なんてフレーズを聞いたことがありますが、理屈に合っていると僕は思います。

そう考えると、困難というものを多くの人は望まないかもしれませんが、
人間にとって最も必要な要素なのかもしれません。
ですが、自分からわざわざ困難を求めていく必要はありません。
あなたが望もうと望むまいと、
天は必要な時に必要な困難を、あなたに与えてくるからです。

一覧へ戻る

2016-08-13

ビオチン療法

「ビオチン療法」

最近、僕がアトピー対策として新たに利用しているものがあります。
それは、ビオチン療法です。

ビオチン療法とは、ビオチン・整腸剤・ビタミンCを一緒に体内に取り入れ、
体質を変えていく療法です。この3つを同時に摂取することによって、
高い相乗効果が期待できると言われています。

ビオチンは、1935年にオランダのケーグルによって卵黄の中から発見され、
『ビタミンH』『ビタミンB7』とも呼ばれています。
ビオチンは血液をスムーズに循環させる力を持っていますが、
美肌という観点で重要な効力は皮膚の機能を正常に保ってくれるということ。
皮膚の炎症を抑えてくれたり、コラーゲンの生成にも関わっており、
皮膚が再生する力を高めたりもしてくれます。

↑をまとめると肌に良いってことです。

ビオチン療法に必要な物は3つ。全部amazonで揃います。

①ビオチン
 ビオチン療法というぐらいですから、まずビオチンが必要です。
 例えば僕はこれを使ってます→国産原料、国内生産のビオチン500
 外国産が多いですが、これは国内産なのでなんとなく安心です。

②ミヤリサン
 ビオチンだけ取ると、ビオチンが腸内細菌に食べられて、
 全く効果がないため、同時に悪玉菌の増殖を抑える整腸剤が必要です。
 そこで必要なのがミヤリサン。
 僕が使ってるのはこれ→ミヤリサン 錠 630錠 [指定医薬部外品]

③ビタミンC
 ビタミンCは、ビオチンの吸収を高めるので必要です。
 やっぱり個人的には天然由来の物の方がいいかな。
 僕はこれを使ってます→大塚製薬 ネイチャーメイド C500 200粒


ビオチン療法の効果は数ヶ月~1年程度の長い時間を必要とするようですが、
僕はこのビオチン療法試してから2週間程度で肌の状態が改善しました。
元々ひどいアトピー持ちではなく、ビタミンCのサプリ摂取や、
ビタミンC+ミョウバンの入浴剤などでもある程度改善していましたが、
今回のビオチンでさらに肌の状態がよくなりました。
肌関連で腸内環境を良くしよう、と思うならビオチン療法がオススメです。

ビオチン療法の副作用については、ほぼ無いと言われているそうです。
ただamazonのレビューを見ると、やっぱり体質に合わない人はいるようで、
少し飲んでおかしいと思ったら、すぐ止めるべきです。
また、妊娠中もどういう影響が出るか分からないため、サプリは避けるべきです。
あと、今回の記事では子供の服用については想定していません。

またビオチンと、相性の悪い薬もあるようです。
以下は一緒に服用することを避けた方が良いようです。
 ・免疫抑制剤(リウマトレックス、ネオーラルなど)
 ・エトレチネート(ビタミンA誘導体)
 ・抗生物質(ミノマイシンなど)
 ・ムコスタなどの胃薬
 ・一部の総合ビタミン剤

また、ビオチン療法でやらない方が良いことは、悪い順で左から並べて、
生卵の摂取、喫煙、飲酒、発酵食品の摂取、
これらも良くないそうです。意外なのは発酵食品の摂取ですね。
普通は良いとされていますが、ビオチン療法ではグレーゾーンのようです。

現時点で僕のアトピー対策としては、
以前記事にしたミョウバンとビタミンCによる対策と、今回紹介したビオチン療法です。
ビオチン+ミヤリサン+ビタミンC+ビタミンC(入浴剤)
これが今のところアトピー対策最強の組み合わせかなぁと、
個人的には思ってます。
お金もあまり掛からないし、興味ある方は試す価値はあると思います。

一覧へ戻る

2016-08-06

グラウンディング2

「グラウンディング2」

今回の記事は、主に瞑想中のグラウンディングを考察します。
瞑想中に限らず座っている時のグラウンディングでは、
会陰の付近に意識を掛けることでグラウンディングできます。
ただし、これは足裏よりも効果を期待できません。
あくまで緊急用や補助の方法として利用できるということです。

この方法を使ってグラウンディングを行うと、
体内の無駄な気を排出し、大地の気を取り込むことができます。
どちらも非常に重要な効果で、心身の安定に役立ちます。
このグラウンディングを行うと、気持ちが安定しますし、
些細な嫌なことなどが、あまり気にならなくなります。

手順として示すと以下のようになります。

1.通常の瞑想と同じように座る(あぐらなど)
2.上腹部辺りの体の中心線~会陰の気のラインを意識する。
3.気のラインの感覚を会陰の付近まで引っ張る
4.気のラインを維持する

これで座っている時でも、グラウンディングができます。
休憩時間などでゆっくり座って意識を掛けられる時も有効です。
ただ、足裏が接地できるならそちらを利用する方が効果的です。

注意点としては、あんまり能動的な感覚は作らない方がいいです。
例として、体の気を排出するようイメージをかけたり、
大地の気をたくさん取り込むようなイメージは不要です。
ちゃんと会陰の付近まで感覚を作り、グラウンディングできれば、
あとは維持するだけで、自動的に効果が出ます。
余計なイメージを付け足すと、感覚が鈍るのでオススメしません。

また、チャクラチューニングと組み合わせて使うのも効果的です。
考え方としては、各チャクラの異常を取り除いてから、
グラウンディングに入る方法もありますし、
グラウンディングの後でチャクラチューニングもありだと思います。

他には、グラウンディングで疲れたら一旦休憩しましょう。
疲れる原因としては、集中しすぎもありえますが、
大地の気の取り込みすぎも考えられます。
これも良くないので、疲れた場合はそこで一旦止めます。

瞑想中ならば他の場所を調整したりして間を置きます。
僕は気の感覚のラインを一旦別の場所に移すことが多いです。
間をおいてからグラウンディングを再開して
問題がなければ、またその状態を継続します。
とにかく辛い感じがしたら続けるのは良くないことなのです。
重要なのは気のバランスなのです。

足裏のグラウンディングは立っている時に行い、
あぐらなどの足裏が接地出来ない場合は会陰下で、
椅子に座っている時は足裏と会陰付近が両方使えます。
状況によって使い分けるのが最善だと思われます。

一覧へ戻る

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground