2017-09-30

目に見えない力

「目に見えない力」

今の世の中に僕ほど馬鹿げている人はいないかもしれない。

世の中は金で動いて、金を沢山持っていることは素晴らしい。
それは当然よく理解している。
それにも関わらず必死で金を得ようとは考えない。
おまけに、そのせいで裕福な暮らしを送ることは困難だ。

なぜそうしているのか、答えは単純だ。
多くの金を得る道を捨てて、別の方向を目指しているからだ。
その方が最終的に得になる、と僕は考えているからだ。

多くの人は目に見える力を重視する。
それは金だったり、社会的地位だったり、権力もそうだ。
なぜそれを重視するかと言えば、これも簡単だろう。
それしか目に入らないから、それ以外が信頼できないのだ。
それも当然の発想だと思う。

ただ、僕は見えない力の方を重視する。
それは徳とか、個人的な資質とか、体のエネルギーとかだ。
なぜ、見えない物を見える物より重視するのか、
これも至極簡単だ。

見える物は必要以上に集めても、人生の苦悩を減らせない。
むしろ必要以上に集めると、かえって余計なリスクを産む。
だから僕は最低限に生きていくための金があれば十分なのだ。
その代わり、見えない力を沢山集め続けることを重視する。

なぜなら、見えない力は人生の苦悩を消すと共に、
自分の豊かな未来を作っていくことの土台になるからだ。
僕にとっての豊かな未来とは、社会的な常識の豊かさではない。
それこそ形は予測できない、豊かな力のある未来だ。

なぜそんな曖昧な言い回しをするのか、
それは見えない力の恩恵は、形が予測できないからだ。
おそらく普通の人はそれを予測ができない不確で不安な将来。
そう思うかもしれない。

しかし、僕から言わせれば逆なのだ。
見える力ばかりに基づいた未来こそ、不確かで不安と言える。
なぜなら、社会がどう変化するかも分からないのに、
現在の社会に基づいた利益のみ優先すれば、
当然、社会が変化した時に自分の現状を維持できるか分からない。

目に見えない力は普遍的なもので、人間の本質に基づいている。
だから社会的な情勢には影響されないし、変化に強いのだ。
当然だろう、人間の本質は人間である限り変わらない。
お金の単位が変わっても、人間は人間を死ぬまで止められない。

だとすれば、目に見えない力だけで生きる能力があれば、
ほとんどの事に心配する必要が無い。
おまけに人生の苦悩まで減って行くのであれば、
僕は当然そちらを選択することしか考えない。

ただ、もちろんデメリットだってちゃんとある。
社会的に裕福に暮らせない可能性が高いこともそうだし、
素敵な異性や子供と生活することも出来ないかもしれない。
しかし、僕はそれを蹴ってでも見えない力を重視する。
それは僕自身が見えない力を持つ事が好きだからだ。

ただ、現代人はあまりにも見えることに囚われすぎている。
多くの事が見えるが故に、見えない事が全く理解できないのだ。
だから、僕は似たような考えを持つ人をネットや文章を除いて、
人生において一人も見つけられなかった。
共感者が異常に少ない、これも大きなデメリットかもしれない。

何を選ぶかは各人次第だが、このバランスの偏りを見れば、
まだ人類は大して進化していないと個人的に思っている。
僕は現人類の自発的な変化には、もはや何も期待していない。
老子や道策のような人間がポンポン出て来るなら話は別だが・・・

だが、それも後少しの辛抱だろう。
近い将来AIを中心とした劇的な世界の変化がやってくる。
僕はそれが現状を大きく変えていくと思っているし、
その新時代の到来を、まだかまだかと楽しみにしているのだ。

一覧へ戻る

2017-09-23

タオ人間医学の読み方

「タオ人間医学の読み方」

※今回はタオ人間医学を十分に消化した友達からの記事です
※私自身とは少々趣きが違いますが、参考になる所は多いと思います
※道顕は別の方向にも進んでいるため、単純な比較は難しいですが
※タオ人間医学の理解・実習レベルについては友人の方が上です
※このガイダンスを参考に皆さんもタオ人間医学を読み進めてみて下さい

----------------------------------------------------------------------

タオ人間医学は小周天について詳細に記述された実践書ではありますが、
記述量が多くまた冗長な書き方がされ、一見分かり難い内容になっています。
そこで読んだ方がいい箇所と、要点についてだけ説明します。

・1~2章
 概略的な章なのでとりあえず飛ばしてOKです。
 暇がある時にでも見ましょう。

・3章
 徳に関する説明の章ですが、大切なのは下記の2つだけです。
 ★P.108~ 内笑瞑想
 ★P.125~ 六字訣

 上記は体内の邪気の浄化に関する瞑想法です。
 この2つは後になっても必ず使いますので、
 内容を暗記するくらいまでやり込みましょう。

・4章
 本格的な小周天瞑想開始前の練習として呼吸法、
 意識のかけ方などに要点を置いた章です。経験者は流し読み程度で構いません。
 初学者は一通り読んで実践した方が良いでしょう。

・5章
 各種の経穴について解説した章です。
 とりあえず初見では飛ばしてOKです。
 後に出てくる実修でツボの位置が分からなければここで確認しましょう。

・6章~11章
 基本的な意念周天から始まって、
 天の気を利用した小周天までを解説しています。
 各章の序盤でその章でやることの大まかな解説、
 太字で「実修:」となっている箇所から詳しいやり方が記載されています。

 面倒くさければ解説は最悪飛ばしてもOKですが、
 「実修:」以降の内容は、前章の復習と次の章の練習を兼ねているので、
 飛ばさないようにしましょう。

 ここからの造りとして、1章進むごとに1つ1つ、
 小周天のレベルが上がっていくようになっています。

 具体的には、 
 1つの章を実修する→気の質・量、深度がレベルアップする→
 そこで発生する問題を次の章の実修で解決しつつ、
 更に気の質・量、深度がレベルアップする→以下繰り返し… 
 といった構造になっています。

 パッと見重複した内容が多く、冗長な練習内容に思えますが、
 後述するように実際はとてもよく考えられた順番になっているので、
 コツコツと章単位で進めていけば独習者でもまず問題が起きないでしょう。
 自分でほとんどマスターできたと思えるまで、
 焦って章を飛ばさないように気を付けてください。

・12章
 これまでの練習の要約ですが、微妙に新出の内容もあります。
 1-11章まで完了した人はこの章に記載されてる内容を一通り流してみましょう。
 練習不足だと感じる部分があれば、
 章を戻ってその部分に注力した練習をするようにします。

 終盤にはこれまでの練習をマスターした人のための簡略版の小周天
 (九息法、五息法、経脈の中の光の循環)が記載されています。
 ここまで進むと、時間が無い時や外出時のちょっとした時間でも
 瞑想の練習ができるようになります。

・13章
 大周天となっていますが、高藤本で言うところの全身周天+αです。
 高藤本では大周天を先天の気が覚醒した状態としていましたが、
 この本では四肢にまで気感が発展し、自分の身体の外(天地)にまで
 意識を拡大してエネルギーを循環させる段階の事を指しています。
 この段階では、脊髄に気を通すことに重点が置かれています。

・14章
 日々の練習の心構えやワンポイントアドバイスが記載されています。

・15章
 小周天練習で発生する問題についてQ&Aが記載されています。
 何か困ったことがあればここを参照してみましょう。

・16章
 体質毎のアドバイスや、対病気への瞑想法などが記載されています。
 正直1-11章までをこなせば大半の問題が解決すると思うので、
 あまり要らない気はします。

・補遺
 脊髄呼吸、脊髄ロッキングなど、
 瞑想前の準備段階でやると良い体操が記されています。
 なんで一番最後のこのタイミングで!?とは思いますが
 特に督脈に気を通すのに非常に有用な運動ばかりなので、
 一通り実践してみるとよいでしょう。

 注意点として、ゆっくりやる様にしてください。
 急いでやるとゴキッといきます。

==========================================

また1-11章が何故この順番なのか、順を追って解説すると、以下の通りです。

・6章
 一番最初の基礎、スタートです。下丹田を活性化し、
 意念、呼吸、気の感覚を用いた小周天の開通を行います。
 ここでは各経穴に沿って意識を集中して、
 点々とした状態でも気の感覚が出ればとりあえずOKです。

 ここから、徐々に気の質を高め、深さ、強さを強化するようにしていき、
 繋がった気感が出る様に練習します。

 恐らく初めて小周天が開通してしばらくすると色々問題が出てきますが、
 その場合は15章を参考にするとよいでしょう。
 ちなみに筆者は1週間くらいめちゃくちゃ眠くなりました。

・7章
 6章の実修が上手くいくようになると、
 次第に体に陽の気が溢れて元気が出てきますが、
 これは気のバランスが陽に偏って崩れた状態なので、その内無理が出ます。
 また、体内の邪気も活性化しているので、
 体に邪気がこもっている人は症状が悪化します。

 そのため、この章で小周天に大地の気を取り入れる方法、
 体の邪気を大地に還すグラウンディングの方法を学びます。
 ここで陰の気を体内の陽気に混ぜ込む事で、
 エネルギーが無理のない自然でバランスの取れた状態になるようにします。

 大地の気の感覚がよく分からないと言う人は、
 一度山や森など自然の中に行き、
 そこで感じた涼やかな感覚を頼りにするといいでしょう。

・8章
 上丹田(印堂)を活性化し、中空の気を取り入れる方法を学びます。
 ここで重要なのは頭から下へ気を降ろす方法です。
 まだ気脈がそこまで強力で、深くはないうちに、
 しっかりと気を降ろす方法を練習しておきましょう。
 そうでないと、次章以降で扱う強力なエネルギーが原因で
 クンダリニー症候群を引き起こす可能性があります。

 また、この章の終盤でハイアーセルフ(高位の自己)と
 気の防御膜をイメージすることで、自分が悪い方向に導かれないようにし、
 外部の邪気に対する防御を見に着けます。

・9章
 中丹田を活性化し、心臓の徳の放射、性エネルギーと中丹田の結びつけを学びます。
 中丹田と混ぜ込む前の性エネルギーは水の性質を持ちとても動かしづらいので、
 この実修でスムーズに動かせるようにします。

 また、この章が完了する頃には、
 中丹田が解放されたことで邪気の処理能力が飛躍に増大し、
 自身の気の質も量も非常に高まっているので、とても気分が明るくなります。
 元々胸のチャクラが閉じ気味だった人などは、
 久しぶりに会った人から雰囲気が変わったなどと言われるかもしれません。
 ※実際に私は前よりとても明るくなったと言われました

・10章
 更に性エネルギーを活性化し、小周天ルートへ流す方法を学びます。
 この章が終わった辺りから、同著者のタオ性医学もオススメです。
 そちらではより強力に性エネルギーを小周天ルートに流す
 パワーロックや還精補脳法が記載されています。

 ぶっちゃけると下半身の筋肉を固めた勢いで
 脊柱に性エネルギーを流し込んでそのまま小周天ルートに乗せるだけなので、
 高い金額を払うかどうかは個人にお任せしますが・・・。

・11章
 頭頂から天の気、星々の気を吸収して小周天ルートに流す方法を学びます。
 北極星、北斗七星と限定されていますが、
 正直、指定された色の星の気とつながった感覚が出ていれば
 そこまで気にすることはないと思います。

 頭から強力な陽気を直接採気するため、
 任脈が十分に開通していないとエネルギーが詰まり問題が起こる可能性があります。
 ここに来るまでに十分に開通しておきましょう。

 ここまで来ると体の中を大量のエネルギーが駆け巡るので、
 しょっちゅうどこかしらで震動が発生したり、
 圧力を感じたりするかもしれません。
 十分に実践出来たと感じたら要約に進みましょう。

一覧へ戻る

2017-09-15

小周天前にやるべきこと

「小周天前にやるべきこと」

最近、当ブログでの小周天へのアクセスが高まってきた。
しかし、私は今まで完全に体系化した記事を作成してきたわけではない。
それは体系化できるレベルに情報を整理出来なかった事にも起因する。

特に今回は個別に危険性の問い合わせも受けたため、
最低限、小周天前に予めやっておくべき事を記載する。

まず、小周天実習時に何が問題となるか。
これは偏差やクンダリニー症候群といった瞑想特有の弊害である。
瞑想を始めようとする入門者にとっては、
これらを出来得る限り回避する手段を持つことが大切になる。

これらの問題を避けるにはどのような対策があるか?


第一に、小周天などのコアな瞑想は精神的疾患を持っている時、
また、健常者でも生活に余裕のない時期には開始しないことだ。

精神的疾患を解消しないまま瞑想を実施すると、
かえって病気の原因を強化して悪化させる可能性がある。
従って十分に精神状態が回復するまで専門医療機関で治癒すること。
瞑想を始めたからと言って、投薬を止めることは厳禁である。

特に重度の精神的な病気と闘病中の場合、
以降に示す六字訣ぐらいは可能であるが、それを実施した際にも、
少しでも不自然な異常を感じた時は直ちに止めるべきである。

次に健常者でも余裕の無い時期に瞑想を開始してはならない。
これは瞑想特有の問題が発生した場合、
生活に余裕が無いと対処が出来ない恐れがあるからだ。


第二に、上記の条件が整っている場合でも、
最初に体の邪気を解消するメソッドから開始し、
それが十分な成果を出すようになってから本格的な修練に入ることだ。

邪気を解消するメソッドにはどのようなものがあるか?
まず、思いつくのが六字訣だ。

六字訣は内蔵の邪気を体から排出し、良質の気に変換することができる。
これはタオ人間医学でも主要となっているメソッドであり、
上級のメソッドに入っても、継続して使う機会を持たせている。
つまり超人を目指す場合でも、始めから終わりまで使える技術なのだ。

危険性の完全な排除を前提とするなら、
思考がネガティブに向く人は、これを継続して実施して、
そういう物が出ない状態になるまで、本格的な瞑想に進むべきではない。
仮にこれを怠ると、人によっては急な感情の開放でかなりの危険を伴う。

さらに足裏のグラウンディングも同様の効果を期待できる。
これも神秘行の始めから終わりまで使える重要な技術となる。
ただし、グラウンディングは大地の陰気の採取を伴うので、
陰陽のバランスで陽気発生だけは出来る状態になってからが望ましい。

まず、六字訣を小周天の導入前に実施し、その後も継続して用いる。
小周天導入後は陽気発生が安定した段階でグラウンディングを実施する。
これら二つの技術の習得後は常に必要なタイミングで持続的に活用する。
このように不安要素を排除しておけば、かなりの危険性を排除できる。

また、補助メソッドとして嫌な記憶を消す方法も利用できる。
これらメソッドの詳細な方法は、全て当ブログ内に掲載している。
その他、肩のコリや首周りのコリ、腰の異常も解消すれば申し分ない。
肩の体操や首周りの体操は、各自で参照して欲しい。

一つ見落としやすい肝を挙げるとするなら、肩甲骨の体操などだ。
やり方は簡単、腕を軽く広げて肩甲骨を寄せるだけ。
逆に腕を内側に捻って肩甲骨を広げる。こういうのも使える。
肩、首、腰の軽い体操は瞑想前には必ず行うと良い。

現在において、以上4つを実施せずに小周天を行っている人でも、
これらを今からでも取り入れて、対策することを強くオススメする。


第三に、人によっては意識をかけるべきではない場所がある。

①気分的な落ち着きのない人、短気な人は神道のツボはダメ
 神道のツボはこういった人の症状をより悪化させる 

②高血圧や頭に炎症性疾患を持つ人は頭付近はダメ
 熱が頭に行く人が良くない場合の典型である 

③高血圧やのぼせやすい人は命門のツボは避けるべき
 これも該当する人はできれば避けた方が無難

④低血圧の人は陽気が十分に発生するまで足のツボは避ける
 低血圧の人は逆に意識が下に行くと良くない
 しかし陽気をよく発生させられるようになればバランスも取れる
 その段階からグラウンディングに入ることができよう

⑤精神疾患がある人は六字訣等で邪気の完全解消まで胸は避ける
 邪気の大元は胸の付近に集まる事が多い
 従っていきなり最初からラスボスを相手にすることはない
 六字訣で邪気を弱体できるようになってからで十分だ

小周天の性質上、避けるべき場所に気を通す必要がある場合は、
絶対に強く意識をかけてはいけない。
意識の強さや流れを、軽く緩く用いることが大切。


以上、大きく分類して三段階の対策を実施することも大切だが、
危なくなったら様子を見る、という本能的感覚も常に重要である。
独習者は常にこれらの注意を怠ってはならないのである。

一覧へ戻る

2017-09-09

小周天実習者の必読本

「小周天実習者の必読本」

今回、強調することも兼ねて過去記事を再編して公開します。
この記事は過去にも投稿しましたが、あえて小周天カテゴリに分類し、
小周天実習者の必読書と定義させて頂きます。

小周天実習者が真面目に書籍から情報を取り込むならば、
高藤氏の書籍は本気で参考にするべきではありません。
なぜなら高藤氏は要所において非常にいい加減な記載が多いからです。
他書籍とレベルが離れている高藤本でも厳しいのです。

では、本当に書籍として高藤氏を超える作者がいるのでしょうか?
どこかの秘境の本ではなく日本語で読める本としてです。
実は現時点において、それは存在します。
このブログの読者は高藤本ではなく以下を参考にしてほしいと思います。
それは「謝 明徳」(マンタク・チャ)の「タオ人間医学」です。

高藤氏の本は神秘行の入門には最適だと思います。
極力余計な物を排除し、神秘行の体系を合理化したこと、
それが高藤氏の大きな功績だと僕は思うからです。
しかし、入門以降はあまり真剣に見てもしょうがないのです。
重要な部分が抜けたり、いい加減で参考にならないのです。

その点、今回紹介する本はちゃんと手順を踏めば、
初心者が確実にステップアップしていける内容だと思います。
僕が本当に実力を認める人間は非常に少ないのですが、
今回紹介する謝 明徳はその一人です。
神秘行を真面目に追求するなら知っていて損はありません。

この本は小周天関連の神秘行を一括して取り扱っています。
おそらくこのブログの読者には興味のある内容だと思います。
高藤氏の本と比べると内容に一見無駄が多いように感じますが、
実は真面目に実践すると効果が高いことが分かるのです。

利用価値で換算すると大陸書房時代の高藤氏の作品の、
3冊分くらいの価値がこの一冊にあると思います。
しかし、紹介している日本語翻訳版は値段もけっこうします。
一冊一万円ほどで現在amazonでは売っていますが、
本来日本の書籍ではないので仕方ないです。

ただ、それぐらいお金を払う価値が十分ある本ですので、
高藤本しか知らない人は読破した方が良いでしょう。
というか一冊一万でも、この本の情報量と比べたらかなり安いです。
高藤本はゲームで言うと最初の説明書で、プロローグです。
もちろん説明書もプロローグも当然必要と言えるのですが、
「タオ人間医学」が本来の意味で神秘行のスタートラインです。

話が逸れましたが、
今回の本は高藤氏の小周天辺りでウロウロしている人は、
かなり有益な情報を得られるでしょう。
それ以上の人も知見を広げるためには見て損はありません。
もちろん、小周天を出来るようにするためには必読です。
瞑想家にとっては垂涎の仙道書の決定版です。

高藤氏の本から入った人は半洗脳状態にあると思うので、
とりあえず少しバカバカしく見えても読破してみて下さい。
特に情報が散在しているので、読みにくいとは思います。
ただ、それで一部を実践をしてみれば価値が分かると思います。

ただ残念なですが、この作者は、
その行がなぜ必要か?という理由を明確に書いていません。
これはおそらく、この作者自身が口伝などを通して、
仙人レベルの人間から直に行の方法を得たためではないかと思います。

従ってよく理由が分からない、ただ実践すると効果が出る。
という若干説得力には欠ける内容なのでご注意下さい。
高藤本の簡明さから行くとモヤモヤするかもしれませんが、
情報の量と質では高藤本やこのブログよりも大きく勝ります。
もちろん、当ブログも多くの情報をこの本の作者から入手しています。

一覧へ戻る

2017-09-02

瞑想を行ってはいけない人

「瞑想を行ってはいけない人」

集合定思考もほとんどネタ切れであるため、
瞑想ネタを中心にブログを書いていこうと思う。
このブログでは瞑想系記事のアクセスも多いし(笑)

今回は瞑想をやるべきではない人に焦点を当てる。

瞑想と言っても様々なメソッドがあるが、
その中でも気の操作を主体とするコアな瞑想、
例えば、小周天に属するような瞑想についてだ。
これは当ブログのチャクラチューニングも含むが、
これらは絶対に行っていけない時がある。

それは精神的、情緒的に不安定である時、
または、重度の統合失調症に属する症状、
何らかの精神的・情緒的な問題で悩んでいる時、
こういった時に、小周天等の瞑想は行ってはいけない。

なぜかというと、気の操作を行うことによって、
問題が生じている体の部位に対して、
より多くのエネルギーを集めることになり、
症状をより悪化させてしまう危険性が高いからだ。

従って、このようなケースに該当する人は、
瞑想を行ってはいけないし、
当然そういう人に瞑想を勧めてはいけない。

精神的な病気に起因する問題は、
必ずメンタルクリニックを利用し、治療を受け、
十分に回復する必要がある。

私事であるが、実は私も精神病に掛かったことがある。
私の場合、学生時分から乱れた生活を続けてしまい、
その結果、精神病まで症状が進んでしまったのだ。
現在において病状は十分に回復している。

最近は精神薬の効果が非常に高まっており、
医師の指示の元で正しく治療すれば、
大抵のケースは十分に回復することができる。
従って、こういう問題は現代医学に頼る方が利口である。

聞いた話では、むしろ認知症や高齢化に伴う問題の方が、
かつての精神病に変わる大きな課題になってきたらしい。
ちょっと話がそれたが、瞑想を行うのであれば、
健常者とほぼ同じぐらいの精神的な安定性が瞑想には必要だ。

特に瞑想を一度も行ったことがない人は、
瞑想による体の変化を体験したことがないため、
十分に自身に余力のある状態でなくてはならない。
なぜなら瞑想によって体調が悪化する事は普通に起こるからだ。
余力がない状態では、そういった問題に対処できない。

つまり、健常者だとしても、
自分に余力がない時期に瞑想を開始してはならない。
生活に余裕が無ければ、瞑想がどのような悪影響を及ぼすか、
全く予想ができないからだ。

そういう意味で言えば社会的に忙しい人や、
生活に追い詰められている人は難しいかもしれない。
何かをしなくてはならない、という状況にある人は、
体の内側に意識を向ける時期ではなく、
外側に向かって、まず現実と向き合う必要があるだろう。

瞑想は現実を良い方向に変えるパワーを持っているが、
瞑想を行うためには、ある程度の安定性が必要なのだ。
それを失っている人は、まず土台を整える作業が必要と言える。
そのために現代医学でも何でも使えるものは使うべきだろう。
そういった作業も大きな意味では「行」なのだ。

一覧へ戻る

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground