2014-02-01

創造の四原則

「創造の四原則」

今回はバシャールからの引用です。
私がバシャールを見て一番気に入ったのが、この創造の四原則です。
創造の四原則はこの宇宙の不変の真理です。
精神世界にとっても、全てとても重要な法則です。

(1) You exist.
 
   「あなたは存在する」

(2) The One is the All. The All are the One.

   「すべては一つであり、一つがすべてである」

(3) What you put out is what you get back.

    「自分が与えたものは自らが受け取る」

(4) Change is the only constant, except for the first 3 laws.

    「上の3つの原則を除いて全ては変化する」

バシャールの言葉より。

★第一原則解説「あなたは存在する」

第一原則は、この世界の根源的かつ絶対的な法則です。
バシャールはあなたが存在するということは、永遠に変えられないと言います。
例え死んで肉体が朽ちても、残るものはあるんですね。
この辺はいつか輪廻転生の話で、私の生命観は詳しくお話します。
この第一原則は非常に強力なものなんです。
自分が存在するということは、宇宙で一番根源的なことなんです。

またバシャールは、この法則について面白い質疑応答があります。
「なぜ私達(人類)は存在しなくてはならないのですか?」
という質問に対して、
「なぜなら存在しなくてはならないからです」と答えました。続けて、
「存在しているものの本質はただ一つ、存在しているから存在している」
と、何やら禅問答みたいな答えが出てきました。さらに、
「今まで存在しなかったものはこれから存在することはなく」
「存在しないものが存在するためのスペースは宇宙にはない」
と、中々面白い発言がありました。

★第二原則解説「すべては一つであり、一つがすべてである」

これは精神世界では割りとポピュラーだと思われます。
ただ、地球だとはっきりと分からないのがこの法則でしょう。

実は地球の環境は、宇宙的な感覚からいくと、
かなり特殊な場所なのではないかと思います。
バラバラが当たり前のように感じるというのは、
おそらく地球独自に近い感覚なのではないかと思います。
もう少しこの法則が分かりやすい環境が、宇宙の標準だと思います。

しかし、それもわざと作られたものです。
「全て」から離れた感覚を味わうためにも、この地球は作られています。

★第三原則解説「自分が与えたものは自らが受け取る」

この法則はブログで散々ネタにしています。
現実的には4つの法則の中で一番実用性が高いものです。
この法則から、私は色々応用法を考えています。

例えば一番貧しい人にお金を分け与えるというのが面白い。
なぜなら、こちらにとって少ない金額でも、相手にとっては千金なわけですから、
少ないお金以上の価値がこの行為に生まれるためです。
当然それは返ってくるわけであって、慈善ではありません。

まだ応用方法はあるんですが、それはまた別の機会にお話します。
とにかく実用性では郡を抜いてこの法則が強い。
第三原則は非常に利用する価値のある法則です。

★第四原則解説「上の3つの原則を除いて全ては変化する」

最後の原則は締めみたいなものです。
変わらないのは初めの3つの原則だけですよ。と言っています。
つまりそれ以外は変わる可能性があるものばかりで、例えば、
明日の献立から宇宙の物理法則まで、変わる可能性があるということです。


バシャール四原則どうでしたでしょうか?
皆様の何らかの参考になれば幸いです(^-^

一覧へ戻る

--関連記事--
「与えたものが帰ってくる」---いわゆる第三原則について。
「優越は存在しない」---第二原則の派生。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground