2016-02-06

チャクラ・チューニング研究オススメ本

「チャクラ・チューニング研究オススメ本」

今回はチャクラ・チューニングにおいて、
僕がオススメする文献を紹介したいと思います。

今回のコンセプトは秘伝書よろしく、
絶版本、入手困難、技術的に難解な本は避けます。
現在まだ市販されている本、初心者も理解できる本、
それのみで、編成を行いたい思います。

ただオススメ本でも、本の内容全てをオススメしません。
この本の「ここ」が優れている、という部分だけ取り上げ、
使えない部分は基本的に酷評を行います。
皆さんには各オススメ本の、良い所だけ参照して欲しいです。


オススメ文献①:

 タイトル:「Yogaではじめる瞑想入門」
 著者:綿本 彰

 ------------評価------------
 瞑想入門と、銘打ってあるが、その中身はチャクラの本。
 紙面の大半をチャクラの解説に使っている。
 そのおかげでチャクラの基本的解説はピカイチ。
 チャクラの解説の内容も体系的に作られているので、
 チャクラ・チューニングを行う人は持っておくと良い。

 だが、本題の瞑想本としては、実用的とは言いがたい。
 チャクラの解説が主体で、瞑想内容はおまけ的と言える。
 従って、この本はチャクラの理解のためだけに使うべき。
 著者本人は瞑想の有効な技術を持っている可能性は高いが、
 この本では、そういった秘伝的なものはあまりない。

 点数評価は以下の通りとする。

 チャクラについて:80点
 気の感覚化について:記述なし
 瞑想について:20点
 瞑想のコツ:5点
 --------------------------


オススメ文献②:

 タイトル:秘法超能力仙道入門
 著者:高藤 聡一郎

 ------------評価------------
 二つ目の本は有名な高藤氏から選出。
 この本は誤解されやすいので、まず悪いところから書く。
 この本に書かれていることは、
 半分ぐらいが商業用のために誇張された内容であること。
 それでも、なお使えるというのは、代替本が無いからだ。
 
 この本の参照すべき点は、気の感覚と瞑想の方法である。
 一番見て欲しいのは気の感覚の記事である。
 これは、注目すべき点であり、
 他の本には、この記述と同レベルのものはあまり無い。
 瞑想の方法についてだが、これは半分ぐらい使える。
 主に瞑想環境面と所作が参考になる。

 しかし、いざ小周天以降の内容に入ると、怪しくなる。
 この本の著者は、秘伝はあえて隠す主義なので、
 重要なことは本にあまり載せないと思われる。
 特に伝記的な部分、超人を示唆する内容には、
 妙に具体性があるが、絶対に取り込まれないよう注意。

 点数評価は以下の通りとする。

 チャクラについて:10点
 気の感覚化について:80点
 瞑想について:40点
 瞑想のコツ:20点
 --------------------------


オススメ文献③:

 タイトル:当サイト(集合定思考)
 著者:道顕

 ------------評価------------
 三つ目は当サイトをあえて自己評価する。

 当サイトの最大の特徴は商業用ではないこと。
 従って、製本された文献ほど纏まってはいないが、
 記事の強引な歪曲などは行われていないことが特徴。
 記事は比較的他所からの引用も多い。
 
 チャクラ・チューニングを体系化した記事とはしているものの、
 各所の記事は掘り下げが薄い部分もある。
 チャクラそのものについてや、気の感覚についてなどは、
 他の有効な文献の方が優れているといえる。

 しかし、他所より優れている点は、
 著者が獲得した、瞑想のコツが各所に散在されている。
 特にチャクラ・チューニングに特化したコツが散在していて、
 これは他所を探しても、現在は見つかることはないだろう。
 内容的には下手な瞑想本よりも高度な内容が記載されており、
 無料で見られることから、
 チャクラ・チューニング実習者には必読であるといえる。

 点数評価は以下の通りとする。

 チャクラについて:20点
 気の感覚化について:20点
 瞑想について:40点
 瞑想のコツ:70点
 --------------------------


今回は以上三つの文献をオススメとします。
チャクラ・チューニングを行うなら、一度は目を通すことを推奨します。
もちろん、一冊の本として見た時は悪いところも多いので、
一番良いところだけをつまみ食いするように参考とするべきです。
 
一覧へ戻る

コメント

「Yogaではじめる瞑想入門」
 著者:綿本 彰

↑この本,つい先日たまたま書店で見かけ,著者のプロフィールなど何も知らないまま直感で買ってしまったところでして,ついテンション上がってしまいました!

オススメ文献③の補助として使うと有用そうなので,よかったです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground