2016-03-27

内観の法②

「内観の法②」

最近、僕は内観の法をけっこう利用している。
内観の法とはこちらにも詳しく書いているが、
白隠禅師という人が広めた呼吸を使った養生法である。

この内観の法が優れている所は、
全く神秘行的な技術が無くても容易に実践可能なことだ。
本来、内観の法は禅病対策が目的のメソッドであるわけだが、
最近になって、実生活でもかなり有用であることが分かってきた。

じゃあ、実際どういう効果があるわけ?というと。
私の場合、寝起きが非常に楽になるということが挙げられる。
また、その快適な朝の状態が半日近く維持できるのだ。
ただ個人差はあるわけで、上記はあくまで私の場合はということだが。

しかし、個人的には寝起きが良くなることは非常に助かる。
理由を考えてみると、睡眠の時間が長くなっているわけではないので、
睡眠の量ではなく、質が上がっているのではないかと思う。
睡眠の量は、むしろ寝る前に内観の法を行うため、
若干減っているはずなのだが、なぜか寝起きがいいのだ。

特に、ここのところは忙しくて寝ることが1時近くになり、
起きるのが7時頃といった状態になることもある。
(ただし、帰宅時は疲れて1時間の仮眠はとっている)
しかし、内観の法を行った時と、行わなかった時の差は、
実際かなり大きいものがある。
同じ生活リズムでこれほど差が出るのは不思議である。

科学的な解釈でいけば、腹式呼吸によるリラックス効果で、
睡眠の質が上がっていると言えるのだろう。
まぁ、それはそれで納得できる方はいいとして、
神秘行的な解釈だと私は以下のようになると推測してみた。

まず、内観の法によって体の中に陽気が発生する。
この陽気は眠る前に発生させることで、
体内のエネルギー不足を効率的に補うことができるのではないか?
だから、比較的短い時間や遅い時間でも、
朝起きるとスッキリするのではないかと思っている。
特に脳内への陽気の補充が効いている気がする。

理由付けは後からいくらでも考えられるが、
重要なのは体にどういったことが起こるかという結果である。
私としては使える技術なら理由はなんでもいい。
理由を考えるのは理屈が好きな人が詳しく調査すればいいのだ。
とにかく、内観の法を使った次の日は寝起きがいい。
これだけで私にとって内観の法は十分すぎる価値がある。

朝の寝起きで苦労している人は是非試してもらたい一品である。
やり方はこの記事上部のリンクからいけるので参照して欲しい。

あと、なぜか内観の法を行った時、鼻の調子が悪くなることがあった。
理由として考えられるのは、冬場は空気が乾燥しているので、
寝る前に腹式呼吸を続けていると鼻の粘膜を痛めると思われる。
加湿器をつけて、鼻にメンソレータムを塗ったら、問題は解決した。
同じようなことが起きたらこの点も参照して欲しい。

この記事が皆さんの何らかの参考になれば幸いである。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground