2016-04-16

魂の目的は分からない

「魂の目的は分からない」

多くの一般人は常識的な勝ち組やら負け組やらで一喜一憂する
それは愚かなことである、と私は考えている。
そもそも何が勝ちか負けかなど、人によって全く変わると思うからだ。
それは、人によって魂の目的(生まれてくる意味)が違うからだ。

魂の目的は知ることは難しい、
これは極端な例として挙げてみるが、もしかしたら、

誰かを殺すことが人生の目的かもしれないし、
誰かに殺されることが目的かもしれない。
誰かの幸せを壊すことを目的としているかもしれないし、
誰かに幸せを壊されることを目的としているかもしれない。

例えば以前の生(いうなれば過去や未来や別次元の前世)において、
ある人を自分の目的のために殺してしまったら、
今回の生ではその贖罪として、
その人の目的のために、自分が殺されることを目指しているかもしれない。

もしそうだったら、自分の人生の達成(勝ち)とは、
その人に殺されることかもしれない。
その時は、豊かで幸せな人生を終えることは失敗(負け)となるのだ。

これは今の一般常識の勝ち負けとは大きく乖離した状態だ。
人生の勝ち負けが分かるのは、神様と死んだ後の自分だけなのだ。
だから、私達は不用意に他者の人生に介入してはならない。
また、不用意に自分の人生を評価してはならない。
自分や他者が何を本当の目的としているか、私達には知る術がないからだ。

私達は生まれる前に記憶の忘却という枷を負うから、
自分が生まれてくる理由が、最初は全く分からない状態となる。
しかし、それでこそ答えの分からない人生を歩むことができる。

もし、これで記憶が忘却されていなかったら、意味がないのである。
例えば誰かに殺されるのが人生の目的、ということを知ってしまったら、
まともに生きることはできず、魂の目的が台無しになってしまう。

私達は他者の人生の結果を評価しても、その意図はほとんど分からない。
だから、淡々と結果を受け入れることが正しいのである。
私達ができることは世界の結果に一喜一憂しないこと。
生きていく上で何が勝ちか負けかなど分かるはずがないのだ。

もちろん魂の目的が、人の役に立ちたいとか、
ポジティブなものであることも多いだろう。
だが、必ずしも全ての人間がそういった目的を持っているわけではない。

だから私達は、その人間が悲惨な死に方をしたからといって、
その人間が本当に人生で失敗したか?
そんなことは分からないのである。

人間というのは分からないということを好む人は少ない、
白黒はっきりしている方が、分かりやすくて判断しやすいからだ。
しかし、本当の勝ち負けなど分かるわけがない、
分かるということが間違いで、分からないという状態がまず正しいのだ。

もし多くの人間の人生の勝ち負けが分かっている、と思っているならば、
それは人生の本質を全く分かってない証拠だ。
 
一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground