2016-06-11

ほどほどで満足するには

「ほどほどで満足するには」

世の中の多くの人は、高いの能力や競争する力を重視するかもしれません。
そういう人が多いほど世界は荒れやすくなります。
調和的な感覚を身につけるというのは、実は大変なことです。

一番例として分かりやすいのが、ほどほどで満足するということです。
人間というのは常に様々な欲望を抱いていますから、
あれも欲しい、これも欲しい、という願望は尽きないのです。
この欲望をコントロールするというのは、すごく大変なことです。

欲望を力に変えて戦うことは、才能と努力と運があれば形になります。
どうやら世間一般では、このことがとても重視されているようで、
何でも強いことは良いことだ、というのが一般的な見方でしょう。
しかし、私は目に見えることよりも、別の部分を大切にしています。

それは他人に勝つということではなく、自分に勝つということです。
欲望をコントロールするには、他人に勝つ必要はありません。
しかし、自分に勝っていなければならないのです。
これはとても大変なことなのです。

多くの人は、自分の中の様々な思考や感情をコントロールすることを、
他人に勝つことより、重視されていないかもしれませんが、
私はなによりも、自分をコントロールすることに重きを置きます。
なぜ人より優れている、という利益を捨ててまで自分を重視するのか?

それは、これが出来れば人生の苦しみを大幅に減らせるからです。
苦しみは自分自身が生み出すの物ですから、自分を支配することが必要です。
ですから、私は自分が他人に勝つことも、他人が誰かに勝つことも、
あまり興味がありません。
なぜなら、他人に勝ったところで人生の苦しみが消えることがないからです。

では、どうすれば、ほどほどで満足できるのか?
これは中々難しい問題です。

一つ目は、物事に利点と欠点の両方が必ずあること理解することです。
 まず、良い話が出たら疑る。これが大切です。
 世の中は利点ばかり強調する人が多いですから、
 その欠点を考えるだけでも、欲望の火は大分少なくなります。

二つ目は、必要な物以外は獲得しないことです。
 これは、非常に難しいですが、余計な物を獲得しないことは大切です。
 余計な物を持っていると、それが負担となることよくあることです。
 多くの富を持っていれば狙われますし、妬まれもするでしょう。
 持つことの害悪と、持たないことの利点は、よく考える必要があります。
 これを考えなければ、獲得し過ぎることが、なぜ良くないか認識できません。

 ただ難しいのは、何が、どれぐらい必要か、という判断です。
 ここを見誤ると危険です。
 自分には、どんなものが、どれだけあれば安全で満足できるのか?
 これを常に考えておかねばなりません。
 必要な物が必要な分だけあることが、人生の失敗を減らす鍵です。

三つ目は、世間体やプライドに振り回されないことです。
 これは多くの人に当てはまることだと思いますが、
 やはり人は大なり小なり世間体を気にします。
 世間体は自分の合理的な生き方とは、相反することがあります。
 これらは欲望の炎を燃やす、燃料源とも言えると思います。
 
 僕は余計な世間体やプライドが元で、人生を苦しくした人をよく見てきました。 
 そのことから、自分の人生に無駄となる物は捨てることが大切だと思います。
 どんな形であれ、他人に迷惑をかけず自分が幸せならそれで良い。
 というのが僕の信念です。
 自分の外見ではなく、自分の人生の中身を重視することが大切です。

今回は以上です。皆様の何らかの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground