2016-07-24

世界は自分一人

「世界は自分一人」

この世界を生きてきて思うことは、
自分は常に一人である。というのが私の感想だ。

これが、どういうことかと言うと、
自分の真の理解者は常に自分だけで、
本来は何事も全て自分で選択しなければならない、
ということである。

私は家族でさえも本当の意味では信頼できていない。
それは自分と親しい人というだけで、
自分と他人という間には非常に厚い壁があると思う。
それは、何事も隠そうと思えばある程度は隠せてしまうし、
常に本当の本音を共有する、ということはできないからだ。

自分と他者は同一の人間である必要はないが、
例え僅かでも、自分と他者が共有する事柄にズレが出ると、
それは後に大きな問題となる可能性もある。

つまり地球で生きる上で、
人と人との完全な相互理解は不可能ということである。
これは別に良い悪いということではない、
互いに理解できない環境であるという事実なのだ。

人と人との間に繋がりのような物を感じる、
というのは確かに間違っていないと思う。
しかし、それはどこか非常に脆く、頼りないものであり、
いつ壊れてもおかしくはないと、私は感じている。

だから、100%安全で安心できる事というのは、
自分という存在の上に成り立っている事だけだ。
自分だけは自分を捨てることはできないし、
仮に自分自身を裏切ったり、捨てることがあったとしても、
それは自分の意図した結果なのだから納得できる。

金持ちだろうが、親しい人が多かろうが、愛に恵まれていようが、
どんなに環境が良かったとしても、
結局たどり着くのは、自分という存在はただ一人。
最後に頼りになる存在は、自分ただ一人ということである。

だから、私は些細な事は他人にどんどん譲ってしまうが、
自分自身に関わる重要な選択を決して他人には譲らない。
それは私の世界を、私の望む方向以外には向けさせないためだ。
私が自分に関わる重要な選択をしている限り、私は安心できる。

安心を得るためには、
常に自分が勇気を持って選択し、決断しなくてはならない。
選択や決断を他人任せにしてしまえば、どうなるかは分からない。
結果を他人任せにしないことが、安心を得るための重要な鍵なのだ。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground