2016-07-30

リラックスについて

「リラックスについて」

様々な場面においてリラックスすることは大切なことです。
会話する時も、ビジネスの時も、スポーツの時も、
リラックスすれば実力通りの力を発揮し、平静な判断ができます。
人間は緊張していると思い通りの結果が得られないことが多いです。

なぜ、緊張するのかという科学的な理由は、
多分色々なサイトや本などに載っていると思います。
精神世界的な理由付けとしては、
緊張すると気がうまく流れなくなるような感じを私は受けます。

緊張は常にエネルギーが張ったような状態になるので、
周りの動きに逆に鈍感になり、細かいことを見失いやすくなります。
またエネルギーの流れもスムーズにいかないので、
いつもうまくいくことが、なぜか本番では通らないことがあります。
気は物事を成功させようとする力を持っているので、
それがうまく働かなくなると、何らかの失敗要因に繋がるのです。

それで、今回はなるべく緊張時にリラックスする方法を考えます。


リラックス方法1:体の力をできるだけ抜く

 人間は強く緊張している時、体の中で必ず起こる現象があります。
 それは体のどこかが強張って力を入れた状態になることです。
 「今自分は緊張しているな」と思ったら、
 まず体の力の入り具合をチェックしてみてください。
 特に肩や腕や腰や足などに余計な力が入るとリラックスできません。

 それは力を入れることで継続的に緊張状態を作るからです。
 ストレス→緊張→力が入る→緊張→力が入る→緊張
 といった感じで一回のストレスだけで、
 力が抜けるまで、ずっと緊張状態が維持されてしまいます。
 これを収束させるためには、意識的に力を抜く必要があります。

 脱力はリラックスに必要な手順ですので、
 緊張したと思ったら、まず始めに体の力を抜くと良いでしょう。


リラックス方法2:冷静な体験を思い出す。

 リラックスするには気分をリラックスムードに持っていくのも手です。
 これはどちらかというと体よりも頭の中をリラックスさせる方法です。
 体は強い緊張はしていないけど何となく落ち着かない、といった時、
 この方法は有効になると思います。

 人間というのは言葉をそのまま感覚に置き換えるのが苦手です。
 例えば、あなたは今すぐ楽しい気分になって下さい。
 と、言われたら楽しい気分になれるでしょうか?
 おそらく中々難しいのではないでしょうか?

 人間の感覚は体験とセットで記憶されます。
 ですから楽しい気分なりたかったら、
 人生で一番楽しかったことを思い出して下さい。と指示すれば、
 楽しかった体験を思い出して感覚もそれに追随するのです。
 感覚を変えたかったら、
 感覚に紐づく体験を頭の中で思い出してやれば良いのです。 

 さて、本題はリラックスする時にどういう体験を思い出すか?
 私は人生で冷静だった時や、そのままリラックスしていた瞬間を、
 緊張している時に思い出すのが良いのではないかと思います。
 例えば、僕なら囲碁で冷静に相手の石を攻撃した時とか、
 寝る前のリラックスしている瞬間を思い出します。
 リラックスで必要となる感覚を思い出す体験なら何でも良いのです。


リラックス方法3:ツボ押し

 ツボ押しは簡単ながら効果的な対策だと思います。
 緊張に効くツボなどは、こちらなどに良いものがありました。

 なぜツボなどが効くのか?
 西洋医学的・科学的には詳しく解明されていないと思います。
 ツボは気の世界の考え方が主体となっているためです。

 しかし、ツボを用いると、なぜか実際に症状が改善されます。
 その理由を科学的に考えることも大切ですが、
 要は結果が出ればそれでいいわけですから、
 僕はツボを科学的でないから用いないというのは、
 合理的・実戦的な発想ではないと思います。

 ツボは緊張に限らず様々な症状にも対応できますから、
 自分で研究して、効くツボや効かないツボを、
 自分の体で検証するのも面白いと思います。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground