2016-10-30

未来の自分の視点

「未来の自分の視点」

今回はNLPという方法論で使えそうな技術があったので、
それをネタにしようかと思います。NLPとは、
Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略で、
別名「脳の取り扱い説明書」とも呼ばれる技術。

個人的に自分が見ている本からは、
実用性の高い技術よりも理屈が先に多く出ていて、
微妙な印象がありますが、中には使えそうな技術がありました。

それは、未来の自分に成りきって現在の自分を評価する。
というものです。
これは自分を客観視するディソシエイトというテクニックと、
物事の捉え方を変えるリフレームというテクニックを含みます。

10年後の自分にとって現在の自分をどう感じるか?
ちょっとそれを想像的に考えるだけでも良いと思います。

まず、10年後の自分をなるべく正確にイメージすること。
今の自分から推測できる将来をちょっとずつ先に進めます。
この時、現在の自分からあまり逸脱したような進め方をするより、
今の自分の行動や選択をそのまま続けたら、
どうなっているかを想像した方が良いでしょう。

さて、その10年後の自分はどうなっているか?
何かを達成しているか、はたまた失敗しているかもしれません。
イメージの自分が何か人生で失敗しているようでしたら、
一旦その問題を解決する行動をこれから選択して、
問題が解決した未来を想像します。
否定的なイメージと同一化しても逆効果ですし、
イメージなので、ある程度自由に変えてしまって良いのです。

次に、その10年後の自分となるべく感覚を同調させていきます。
10年後の自分は何を見ているか、何が聞こえているか、
何を考えているか、何を実際にしているかをイメージします。
大体その感覚が出来上がってきたら次にリフレームをします。

10年後の自分から見て、今の自分はどう見えるか?
10年後の自分から振り返る形で、今の自分を捉えていきます。

すると、10年前に頑張っていたことはやっぱり大事な事だった。とか。
10年前にうまく問題に対応したお陰で今は楽になれた。とか。
10年前の失敗をうまく糧として今は成長することができた。
そういったことがイメージできるようになるのではないかと思います。

こういった未来から振り返ることはどういった意味があるのか?
それは、今の自分の状態や時間の流れから一旦自分の思考を離して、
自分を客観的に見直すことに長けています。
例えば辛かったり苦しい時に自分の状況を客観的に捉え直すのです。

人間は辛かったり苦しい時はうまく客観的になれません。
その時、自分の感覚をイメージで意図的に現在から引き離して、
広い視点で捉え直すことをディソシエイトと言います。
さらに、違う自分に成りきることをアソシエイトと言います。
また、物事を多角的に見直すことをリフレームと言います。
つまり、今回のテクニックはそれらの複合技術です。

今回紹介した技術はイメージ上の事ではありますが、
今の自分の視点を良い方向に塗り替える実戦的な手法だと思います。
シンプルではありますが、何かの役に立つ可能性は高いです。
皆様も機会があったら試してみるのも面白いかと思います。

今回の記事が皆様の何らかの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground