2016-11-25

人間の価値

「人間の価値」

最近はコンピューターや人工知能が発達してきて、
人間のやるべきことを、どんどん代わりにやってくれるようになった。
これでいつか人間は、やりたいことだけをやる世界になるのだろう。
しかし、それだと人間が存在する意味は無くなるのだろうか?

違うのだ。人間の価値は全く変わっていないのだ。
その理由はあまりにも単純で理解しづらい。
「存在は存在するから存在する」
「存在は非存在になれず、非存在は存在になれない」
つまるところはこういうことなのだ。

人間が存在するのは存在しているからだ。
それ以外の理由は後付けにすぎない。
これが宇宙の根源。基底になる原則だ。
そして存在していること自体が人間の価値なのだ。

では、科学の発達が何を変えたのか?それは人間の表面だ。
物質的に充足した生活を送れるようになったことだ。
それはけっこう。不足するよりは良いかもしれない。
じゃあ、人間の内面である精神性はどう変わったのか?

どうも一部だけは変わった部分はあるかもしれないが、
多くの場合は闘争をしたり、欲にまみれた状態だったり、
おそらくここ2000年~3000年間位は大した進歩もなかったのだろう。
少なくとも進化した生物だとはあまり思えない。

精神的な進歩がなくても、物質的には豊かになれた。
これが良いことか悪いことかはよく分からないが、
あんまりこういった環境に長居はしたくないな、と僕は思っている。

どうも人間は物質的に豊かになることが最優先で、
誰もが精神的に豊かになることは、まだ何万年か先の話なのかもしれない。
僕が出来る事としては、自分の精神性を高めていくことしかできない。
多くの場合、他人に何をしても無駄だと僕は考えているからだ。

人工知能の発達によって近未来の想像をすると、
ワクワクすると同時に、最終的な結論は何も期待していない。

近い将来人間は病気を患うことはなくなるだろう。
近い将来人間はロボットと生きることになるだろう。
近い将来人間は歳を取ることがなくなるかもしれない。

それはどれも素晴らしいことだとは確かに思うが、
本当の進歩とは僕はピントがズレていると考えているからだ。

では、人間の本当の進歩に必要な事とは何なのか?
難しい質問だ。僕も難しいと感じる。
子供に高い位置のドアノブを自分で握れるようになるには
どうすればいいのか?と、聞かれた時と同じかもしれない。
それは成長するしかない、としか言い様がない。

ただ、物資的な充足の先に、精神性の変容があるとは最近思えなくなってきた。
精神の豊かさとは、必ずしも物質的な豊かさが必要ではない。
むしろ現人類は物資的に充足すると欲にまみれていく傾向のため、
もしかしたら持たざる者の方が、今は正しいのかもしれない。

人間の精神性は昔から大して進歩していないのだ。
きっと明日も変わらず地球はグルグルと回っているだろう。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground