2016-12-30

あいうべ体操

「あいうべ体操」

ちょっと締りませんが、今年最後の記事は健康法です。
今回は「あいうべ体操」というのが優秀なので紹介します。
あいうべ体操とは、まず一体どのようなものなのか?
この体操は一言で言うと鼻呼吸を楽にするための体操です。

あいうべ体操で鼻呼吸を学校保健における~~~

以下から上記ページの内容を一部引用させて頂きます

僕は生まれながらにアレルギー性の慢性鼻炎で、
かなり筋金入りの鼻炎持ちです。
少し前まではアラミストという点鼻薬のみで凌いでいましたが、
現在はあいうべ体操と点鼻薬を併用し、かなり鼻呼吸が楽です。

鼻呼吸をしない人の多くは、口呼吸が癖になっている、
という人だけなく、鼻呼吸が辛いという人が多いと思います。
前者は意識して鼻呼吸すればいいだけの話ですが、
後者は鼻呼吸じゃそもそも呼吸を続けられない、
そんな状態だと思います。僕もそんな感じでした。

ですが、ちょっと前にテレビであいうべ体操を紹介しており、
半信半疑で実践してみた所、確かに効果がありました。
この体操を何回か続けていると確かに鼻の通りが良くなります。
継続していると普段でも鼻が通りやすくなっている気がします。

では以下よりあいうべ体操のやり方を引用させて頂きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「あいうべ体操」は「あー」「いー」「うー」「ベー」
という4つの動きを繰り返すことで、
口を閉じて舌を挙上する状況を作り出す、口と舌の体操です。
単純で覚えやすいので、学校現場での集団指導にも導入しやすいです。
少しゆっくりめで1セット5秒位、
10セットを1分でやるぐらいのスピードです。
これを毎日、1日30~60セットを数回に分けて行います。
声は出さなくてもかまいません。
効果を上げるためにはふだんの会話より大きめに口を動かすことです。

口が開きにくい人や顎関節症の痛みがある人などは無理をせず
「いーうー」と動かすだけでもかまいません。
毎日繰り返すことが大切です。

動かし方のポイントは次の通りです。

①「あ-」と口を大きく開く

口が円形に近くなるようにして、
のどの奥が見えるまで大きく開けましょう。

②「いー」と口を大きく横に開く

前歯が見えて頬の筋肉が両耳のわきに寄るぐらいまで、
横にぐいっと開きます。
しっかり開くと、首に筋肉のすじが浮き出ます。

③「うー」と口を強く前に突き出す

口をしっかり閉じるための体操です。
口を一文字に結ぶだけでは、大きな動きになりません。
唇をとがらかせて思い切り前に突き出すことで、
口の周りの筋肉を広く鍛えることができます。

④「べー」と舌を突き出して下に伸ばす

舌の先を思い切り出して顎の先まで伸ばすつもりでやります。
舌根(舌の付け根)が少し痛むかもしれませんが、
強めにやった方が効果的です。

特に、舌を挙上して発音(=前舌母音)する「いー」と、
唾液腺を刺激して唾液がよく出る「ベー」の動きは大切です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ほんとに効果が出るので、あいうべ体操の開発者の方には感謝です。

鼻呼吸苦手な方は家でPCやスマホをやっている時など、
周りを気にしなくてもいい時間などに、
あいうべ体操をながら作業でもいいのでやってみて下さい。
その効果に驚くと思いますよ。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground