2017-01-28

2017年1月の瞑想研究②

「2017年1月の瞑想研究②」

今月も前回の研究からの進捗を報告します。

まず、どのような変化が最近あったかといいますと、
会陰を中心とした調整により体調はかなり良いと思います。
ただ注意点として偏差のようなものが発生することがあり、
各種対処療法を発見しているので、それらを中心に解説します。

まず1点目の問題点ですが、
以前こちらで書いた通り、会陰だけを調整していると、
体の調子がやや崩れて悪夢に近い夢を見やすくなります。
この原因と考えられるのが気の詰まりです。

会陰から気を補充するのはいいのですが、
何もしないと、気が滞って良くない作用が発生しているようなのです。
なぜこういったことが一般的な問題にならないのかというと、
瞑想しない限り意図的に気を補充する機会がないためと言えます。

仮にこれが一般人でも頻繁に関わる症状であれば、
何らかの病名や対処療法が充実していると思いますが、
あくまで瞑想時に起こることなので、
現代医学でもあまりよく認知されていないでしょう。

さて、対策としてはどうするか?これは簡単です。
瞑想時に各所の気の詰まりを解消すればいいのです。
具体的な方法としてチャクラ・チューニングと全く同じです。
ちょっと難しいのは感覚を頼りに気の詰まりを発見することです。
全身をいつも感覚で捉えていれば、この異常は分かると思います。

僕の場合は会陰から発生した気が、小周天のルートではなく、
大周天初期段階のように体の中心を通ったりすることがあるので、
小周天のルート上だけでなく、体の内部も詰まりを取る必要があります。
基本的には異常があれば大体分かるので、難易度は高くないと思います。

次に2点目の問題ですが、
会陰から発生した気は体の気のルートを通って上昇します。
最終的に気の詰まりが無ければ頭部に到達するわけですが、
これがけっこう気持ちいいです。

どういった原理か分かりませんが頭に気は溜まりません。
頭頂からさらに上に昇り体外に出ているのか、
それとも気が変質して影響が出ないのか。
原因は分かりませんが、おそらく何らかの作用が働いているのでしょう。

さて、問題は頭部に気が通ったとしても、
頭部に意識をかけるのは良くないということでした。
この辺は以前に書いた丹田と全く同じ症状です。
僕は意識的に丹田に集中すると体調が悪くなりますが、
会陰から補充した気が丹田で落ち着くのは問題ありません。

これと同じで会陰で補充した気が頭に到達するのは問題ないですが、
これに意識をかけたりすると、とたんに体調が悪くなります。
具体的には、なぜかやたら眠気が増加します。
ということで、丹田の気や頭の気は下手に触らず、
会陰と体の気の詰まりだけを解消してればいいのです。

では本日の研究報告の個人的まとめです。

①会陰で気を補充していると体調は良くなる
②ただし①に合わせて体の気の詰まりを解消する必要がある
③頭の気は下手に触って調整しない方がいい

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground