2017-02-25

2017年2月の瞑想研究②

「2017年2月の瞑想研究②」

今回も瞑想の研究報告を行います。
前回までで色々試していたのですが、今回も問題が発生しました。
一番の問題となったのが体の陽気不足です。

これまでの研究から、僕は主に会陰を中心として調整を行っていました。
しかし、どうもそれだけではうまくいかないことがあったのです。
体の陽気が減って体調が崩れやすくなってしまいました。
なぜ、このような状況になったかというと原因は二つあります。

理由の一つ目は会陰が陽気を発生させやすい場所と勘違いしたことです。
某仙道書などでは会陰では陽気がすぐ発生すると書いてありますが、
どうも僕はその情報が正しいのか現在では疑問に思います。
仮に発生していたとしても体内に留めておくのが難しいのかもしれません。
そのため僕は書籍の情報源から会陰が攻守共優れていると錯覚したのです。

理由の二つ目は丹田の意識の掛け方が難しかっためです。
僕は丹田に下手に意識をかけると体調が悪化します。
丹田に対してのマイナスイメージがあったため迷いがあったのです。
しかし、今回は丹田・ヘソ付近で陽気を発生させなければいけないため、
再研究を現在進行系で行っています。

以上が研究不足の言い訳ですが、
丹田の活用法の注意点について今回は詳しく書こうかと思います。
まず重要なことから申しますと、
丹田の意識の掛け方は某仙道書通りですと正直うまくいくと思いません。
僕の開発中の方法と某仙道書では、意識の掛け方の強さが大きく違います。

この強さをどういう言葉で表現すれば良いのかと思いますが、
某仙道書の表現と比べると、集中の度合いは非常に弱いと思います。
某書の温養という表現が近いですが、感覚としてはもっと弱いかもしれません。
これぐらい弱くしてやらないと丹田は弊害が発生しやすいと思います。

この辺、某仙道家は当然分かってて書いていると思いますが、
神秘行の書籍はトラップや謎を解いてナンボというものなので、
個人的には特におかしな点ではないと思います。
そのため、自分で実践して行間を埋めなければならないのが実情です。

ということで、丹田への集中は非常に弱くした方が良い。
というのが現在の僕の感想です。
この方法なら丹田に気が集まった時に体調が悪くなるのは避けやすいです。
それにリラックスに近いので気も集まりやすいのも利点です。

どうも某仙道書を読んでいると神秘行は力技に思えてしまうのですが、
最近それは僕の求めている物とは違うな、という感覚を持っています。
ただ、某仙道家はそういった方向性に向いていたのだとは思います。
つまるところ、自分で研究しなければ答えなど見つかるはずがないのです。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground