2017-04-29

2017年4月の瞑想研究

「2017年4月の瞑想研究」

今回は2017年4月時点の瞑想研究を報告します。

このカテゴリは前回の記事からちょっと間が空きましたが、
瞑想自体が前回から大きく変化した感じはありません。
ですが、瞑想に関わる日常的習慣は大きな変化がありました。

まず、大きく変わったことは、
六字訣を重視して日常に取り入れたことの変化です。
これで日常のコンディションに大きな良い変化がありました。
一つはあまり、嫌な思考が浮かばなくなったことと、
平常時の気の感覚が軽くなった感じになりました。

合わせて嫌な記憶を消す方法も併用しましたので、
これらを用いなかった頃と今の自分を比べると、
主観的ですが精神の状態にかなりの差が見られると思います。
こういったこともやり方によって解決できるというのは、
本当に技術は大切なものだな、と思います。

さて、瞑想についてですが、
まず、今回上記のメソッドを通して体の邪気を解消する、
ということに大きな意味を感じましたので、
瞑想もそれに合わせて一部変化させた部分があります。

それは、手のひらチューニングによる調整を必ず入れることです。
六字訣等で解消しづらい物理的な気の症状は、
これらで解決するのが早いと思ったためです。
最近は必ず瞑想開始直後に手のひらチューニングを行い、
体の前面の状態を手のひらでチェックします。

不思議なことに異常が出やすいポイントがあったのですが、
1週間ぐらい続けていると、それが常時解消されました。
どうも僕は脾臓のあたりが必ず冷えていたのですが、
これも何回も続けていく内に、症状が消えていきました。
未病を防ぐのは基本ですから、これも大切なことでしょう。

あとは一時止めていた内観の法も再開してみました。
これも、やってない時と比べると中々効いている気がします。
朝の気分がスッキリするので、そこが良い所です。

瞑想時の気の操作については一時全体を重視してみましたが、
これはあまり良くありませんでした。
全身に意識を掛けると下半身の比重が減り、
気が頭に昇ってしまうため、気の操作に関しては、
丹田、会陰、大椎辺りを使い分けています。

使い分けは、丹田のエネルギーが減ったら丹田、
基本何もない時は会陰で、丹田のエネルギーが多い場合も用います。
大椎はここでエネルギーがつかえたら用います。
今後も進展があり次第こちらで報告を行っていきます。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground