2017-05-28

呼吸法のあれこれ

「呼吸法のあれこれ」

最近、呼吸について調べたいことがあって色々情報を漁りました。

当ブログでも呼吸法については「六字訣」や「内観の法」など、
使い分けることを前提とした技術を書いています。
それで、今回の目的はどうすれば早く寝られるのか?
ということを主眼として調査を行いました。

実は、僕自身は睡眠のコントロールが苦手な方でして、
何となく眠いのだけど、ベッドに入ると寝られなくて辛い、
といったことがよくあるのです。

まず、僕の体質として神経が興奮しやすいということがあります。
これは子供の頃からそうだったのですが、
色々寝る前に考えたり、神経が高ぶった状態で、
意識が無くなるまでにけっこうな時間が掛かってしまうのです。

早く寝るための注意点は、ネットでも様々な方法が提示されていますが、
寝る前に手軽に出来て、即効果が確認できる良い物がないか?
ということを考えて、今回は早く寝られる呼吸法について調査しました。

一般的には呼吸は口呼吸はダメで鼻呼吸は良い、と言われますが、
僕の持論は違います。
というのも全ては使い分け次第だと思うからです。
状況次第では普段悪いとされる物も良くなることがあるからです。

今回、呼吸の調査をしている時は、ほとんどが鼻呼吸の記事でした。
しかし、口呼吸の利点が気になった僕は細かい所も色々漁りました。
すると、一般的には鼻呼吸を利用するが、
ヨガでは場合によっては口呼吸を用いる、という記事を見つけました。

どういった時に効果があるかというと、体を冷やす効果がある。
といった書き方でした。これは僕が求めていたものでした。
というのも、僕は神経が高ぶると体も熱っぽくなりやすいからです。

そのサイトではヨガでは口呼吸も用いることがある、という書き方で、
鼻呼吸と口呼吸の組み合わせは全て利用する可能性があるとのことです。
例えば、口から吸って鼻で吐く、という組合せも存在するようです。
ただ、詳細は失念したので興味のある方はご自分で調べて下さい。

今回は口で吸って口で吐く、という一般的な口呼吸ですが、
これは健康上の観点から、日頃使うべきではないと思いますが、
体を冷やし邪気を吐き出すので、その目的では有効みたいです。

実際に僕が寝る前にあえて口呼吸を意識して実践してみた所、
眠気はあるけど、神経が高ぶって寝られない、
といった状況では、高い確率で早く寝ることができました。

ただ、鼻呼吸ではなく口呼吸では所々の弊害があると騒がれています。
僕はそれがどこまで本当の事なのか正直分かりませんが、
基本は鼻呼吸で生活する方が良い、というのは間違い無いと思います。
つまり、普段は鼻呼吸で要所で口呼吸を使う、
というのは十分考えられる選択ではないかと僕は考えています。

以上、皆様の何らかの参考になれば幸いです。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground