2017-06-24

人間関係の妙

「人間関係の妙」

人間関係で最も重要な事は問題を起こさないことだと僕は考える。
では、問題を起こさないためにはどうすれば良いか?
それは誰からも嫌われないし、好かれないことだと僕は思う。

人から嫌われるような行為をしてしまえば、
信用が下がってしまうし、意思の疎通も円滑に行えない可能性がある。
ここまでは誰でも分かるような一般常識だろう。
その上で、僕は人からも好かれない方が良いと考える。

なぜ、仲良くしようとしたり、好かれることが良くないのか。
まず、人と人の理解を深めようとすると必ず摩擦が起きることだ。
世界中のどんな人間でも同一の人間は存在しない。
とすれば、相手と近づけば近づくほど相違点が目立つからだ。

その相違点が互いに許容出来るものであったり、
むしろそれがあることで面白味が出ることもある。
しかし、基本的に人間は自分と異なる存在を嫌う傾向にある。
それゆえ、本当の自分の本意は相手に悟らせない方が良い。
職場などの繋がりの薄い人間関係では特にこれが大切だ。

つまるところ人間関係は深入りすれば危険が増していく。
だから、君子の交わりは水の如し、と古来からも言われている。
人の関わりは薄いほど危険性が少ないのである。
ここが人間関係の不思議な点というか妙であると思う。

嫌われないし、好かれない状態が、
コミュニケーションにとって最も理想な状態となるからだ。

それにこの状態であれば、自分が他人に期待を持たなくてすむ。
期待というのは、あればあるほど上手く行かなった時に、
自分がショックを受けてしまうから無い方が良い。
世の中というのは本当は孤独なものなのだ。

結局、頼りになるのは自分だけで、現実を変えられるのも自分だけ。
突き詰めれば、たとえ家族でも頼りにすることはできない。
人間関係というのは見栄えを良くすることはできるだろう。
だが、それもホンの表層だけだ。
一歩でも人の内面に入れば、自分だけという孤独しか存在しない。

人生というのは生まれてから死ぬまでは、本当の意味では一人なのだ。
ただ、僕が言っておきたいのは孤独というのは悪いものではないし、
これは全人類共通のことだから、何も落ち込む必要はないということだ。
自分の人生の責任は全て自分にある、ということを強調しているだけだ。

人間関係にしても同じだ。自分以外はコントロールできない。
人とのコミュニケーションにおいても、その結果を支配するのは自分だ。
自分が誤った対応を繰り返せば、いずれ弾かれてしまうし、
その環境にあった対応を続けていれば、問題なく過ごすことができる。

自分が完全にコントロールできるのは自分だけで、
負わなくてはならない責任は自分の行動にしか無い。
それは、世界の人口が10人でも1000億でも同じ、
自分が行動した結果以上のものが返って来ることは決して無い。

だから、この世界にはたった一人の自分しかいない事と同じなのだ。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground