2017-07-23

AIの未来

「AIの未来」

昨日は某局が独自に製作したAIの番組を見ていた。
その中身は、AIによる社会提言を検討すること。
このAIは世界に例を見ない「社会問題解決型AI」とのこと。

まず、番組を見て思ったことは「ついに来たか」ということ。
ネット上の反応を見ると、AIはムチャクチャと言う意見も多いが、
AIの特性と完成度を考えれば、僕はこんなものだと思う。
ディープラーニングで有名な、アルファ碁を読み解ければ
ネット上の最初の感想は、あまり違和感が無い。

アルファ碁を研究している人は分かると思うが、
アルファ碁の打ち筋は、ものすごい大局観に支えられていて、
普通の人間からすると、常識的でない手も多々あるのだ。
しかし、局後はアルファ碁の精度の高さが際立つ。

従って、この初回発表の結果は以下の可能性が高い。

①今回のAIが常識的な人間の洞察力を既に超えている
②まだAIが不完全であるため問題解決力が未熟

おそらく僕は①と②が、まだ混在した状態だと思う。
ただ悲しいかな、仮に今回のAIが完璧だったとしても、
ネット上の感想は、おそらく今回と同一になっていたと思う。

もはや人間には正解・不正解は判別できないのだ。
それはアルファ碁の発想を囲碁中級者が
まず理解できないのと、全く同じことである。

そもそもAIは人間的発想でなく、AIの提言には理屈がない。
こうすれば、こうなる、というのを理屈抜きで答えを出す。
それがAIなのである。
従って人間から見れば、完全にブラックボックスなのだ。

この結果を検証するには、実際に実験してみるしか無い。
考えられるのは、影響力の少ない一部から、
AIの精度を検証していくことになるだろう。
おそらくではあるが、AIの力に驚くことになると思う。

仮に、現時点でAIが力を発揮しなかったとしても、
もはや時間の問題である。
それはアルファ碁が、僅か一年で急速に力をつけたの同じである。
今後10年以内には、AIが人間に必須のツールになるだろう。

この変化はネットの普及よりも大きなものになるだろう。
ついに人間は局所的ながらも、
人間以上の知性の創作に成功したからだ。
近い将来、人間の総合的な能力を超えるAIも誕生するだろう。

AIは人間の社会を劇的に変えていくだろう。
もちろん、良い方向に向かってだ。
個人的には長らく待ち望んでいた未来図かな。

今回のAIを皮切りに、こういったAIは急速に増加するだろう。
AIは人間に見えなかったものを、どんどん明らかにしていく。
アルファ碁が囲碁の歴史を一瞬で塗り替えたことと、
全く同じ現象が社会全体に波及していくのだ。

2016年3月には、今日の出来事を予想はしていたが、
実際に形になってみると、あっと言う間だったと思う。
ここからがAIの力の本当の見せ場となるだろう。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground