2017-08-26

「2017年8月の瞑想研究

「2017年8月の瞑想研究」

さて、7月から8月の間で色々な研究があった。
今回はそれを記事にしようと思う。
ただ、今回の経緯を一つ一つ解説すると長くなるので、
主に現在行っている瞑想の方法を主軸に記事を書いていく。

先月まではクンダリニーを中心に研究を行っていたが、
また研究が進み、再び小周天を中心とした瞑想を行っている。

まず、小周天を継続するなら、
陽気以外にも良質な陰気を採取しないと、
体が熱性に傾き、瞑想が上手く行かないことが分かっている。

従って、小周天の基本スタイルは、
ヘソで陽気発生→丹田で陽気を練る→小周天の経絡に回す
→体が熱っぽくなった時にグラウンディングで陰気を採取
このような流れが必要になってくると思われる。

従って、グラウンディングを瞑想中に行う必要があり、
あぐらや半跏趺坐の座り方は選択肢に入らない。
今、私はオフィスチェアにタオルケットを敷いて座っている。
これなら、長時間でもお尻が痛くならないし、
グラウンディングも瞑想中に行うことが出来る。

ヘソは最も陽気を発生させやすいポイントで、
丹田はエネルギーを備蓄するポイントなので、
まず、ヘソで気を陽気発生させてやり体の熱量を上げる。
次に丹田にエネルギーを流し、体にエネルギーを充填させる。
これをやるだけでも、かなりの活力が出て来る。

次に経絡周天ができれば、丹田にエネルギーを移した段階で、
自動的に気が体を回り始めるので、各部の気の詰まりをチェックする。
気が詰まっていれば、痛みとか違和感がある。
ただ、大椎、神道付近は分かりづらいので重点的にチェックする。

また、舌の先端を硬口蓋につけておき、任脈の流れを良くしておく。
ちなみにこの時の正しい位置は、人によって細かく違う。
一番エネルギー通っていると感じる場所を探り当てる必要がある。
私の場合は、舌の先端を骨のやや上に押し当てるようにするのが一番良かった。

各部に陽気がある程度充満した段階で、
今度はグラウンディングで足裏から陰気を取り入れる。
この時、陽気が多くなっているので、意識の掛け方は、
踵に60%と足裏全体40%ぐらいが丁度良かった。

陽気と陰気が混ざっていくと体のエネルギーが精妙になっていく、
陽気と陰気の比率は変わっていくので、
随時足りなくなった方を補充していく。
陽気が少なくなったら、ヘソと丹田に意識をかける。
陰気が減ってきたら、グラウンディングを行う。

また、生活環境の変化により、瞑想は朝に行うようになった。
夜22:00には寝て、朝5:00に起きる。
という、健康的な生活を送っている(笑)
瞑想は大体朝の6:00ぐらいから行っている。

このような瞑想を少しの期間続けていたが、
集中力の増加と、気分の適度な高揚で調子がとても良い。
長年苦労して瞑想を研究してきて良かったと思う。

欲を言えば、このブログで提供しているような情報を、
私自身が学生時代の頃から入手できていれば尚嬉しかったが、
まぁ、これも運命というものだ。
これからは僕も優れた情報源となって、
未来の瞑想愛好家の助けになれればと思う。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground