2017-09-15

小周天前にやるべきこと

「小周天前にやるべきこと」

最近、当ブログでの小周天へのアクセスが高まってきた。
しかし、私は今まで完全に体系化した記事を作成してきたわけではない。
それは体系化できるレベルに情報を整理出来なかった事にも起因する。

特に今回は個別に危険性の問い合わせも受けたため、
最低限、小周天前に予めやっておくべき事を記載する。

まず、小周天実習時に何が問題となるか。
これは偏差やクンダリニー症候群といった瞑想特有の弊害である。
瞑想を始めようとする入門者にとっては、
これらを出来得る限り回避する手段を持つことが大切になる。

これらの問題を避けるにはどのような対策があるか?


第一に、小周天などのコアな瞑想は精神的疾患を持っている時、
また、健常者でも生活に余裕のない時期には開始しないことだ。

精神的疾患を解消しないまま瞑想を実施すると、
かえって病気の原因を強化して悪化させる可能性がある。
従って十分に精神状態が回復するまで専門医療機関で治癒すること。
瞑想を始めたからと言って、投薬を止めることは厳禁である。

特に重度の精神的な病気と闘病中の場合、
以降に示す六字訣ぐらいは可能であるが、それを実施した際にも、
少しでも不自然な異常を感じた時は直ちに止めるべきである。

次に健常者でも余裕の無い時期に瞑想を開始してはならない。
これは瞑想特有の問題が発生した場合、
生活に余裕が無いと対処が出来ない恐れがあるからだ。


第二に、上記の条件が整っている場合でも、
最初に体の邪気を解消するメソッドから開始し、
それが十分な成果を出すようになってから本格的な修練に入ることだ。

邪気を解消するメソッドにはどのようなものがあるか?
まず、思いつくのが六字訣だ。

六字訣は内蔵の邪気を体から排出し、良質の気に変換することができる。
これはタオ人間医学でも主要となっているメソッドであり、
上級のメソッドに入っても、継続して使う機会を持たせている。
つまり超人を目指す場合でも、始めから終わりまで使える技術なのだ。

危険性の完全な排除を前提とするなら、
思考がネガティブに向く人は、これを継続して実施して、
そういう物が出ない状態になるまで、本格的な瞑想に進むべきではない。
仮にこれを怠ると、人によっては急な感情の開放でかなりの危険を伴う。

さらに足裏のグラウンディングも同様の効果を期待できる。
これも神秘行の始めから終わりまで使える重要な技術となる。
ただし、グラウンディングは大地の陰気の採取を伴うので、
陰陽のバランスで陽気発生だけは出来る状態になってからが望ましい。

まず、六字訣を小周天の導入前に実施し、その後も継続して用いる。
小周天導入後は陽気発生が安定した段階でグラウンディングを実施する。
これら二つの技術の習得後は常に必要なタイミングで持続的に活用する。
このように不安要素を排除しておけば、かなりの危険性を排除できる。

また、補助メソッドとして嫌な記憶を消す方法も利用できる。
これらメソッドの詳細な方法は、全て当ブログ内に掲載している。
その他、肩のコリや首周りのコリ、腰の異常も解消すれば申し分ない。
肩の体操や首周りの体操は、各自で参照して欲しい。

一つ見落としやすい肝を挙げるとするなら、肩甲骨の体操などだ。
やり方は簡単、腕を軽く広げて肩甲骨を寄せるだけ。
逆に腕を内側に捻って肩甲骨を広げる。こういうのも使える。
肩、首、腰の軽い体操は瞑想前には必ず行うと良い。

現在において、以上4つを実施せずに小周天を行っている人でも、
これらを今からでも取り入れて、対策することを強くオススメする。


第三に、人によっては意識をかけるべきではない場所がある。

①気分的な落ち着きのない人、短気な人は神道のツボはダメ
 神道のツボはこういった人の症状をより悪化させる 

②高血圧や頭に炎症性疾患を持つ人は頭付近はダメ
 熱が頭に行く人が良くない場合の典型である 

③高血圧やのぼせやすい人は命門のツボは避けるべき
 これも該当する人はできれば避けた方が無難

④低血圧の人は陽気が十分に発生するまで足のツボは避ける
 低血圧の人は逆に意識が下に行くと良くない
 しかし陽気をよく発生させられるようになればバランスも取れる
 その段階からグラウンディングに入ることができよう

⑤精神疾患がある人は六字訣等で邪気の完全解消まで胸は避ける
 邪気の大元は胸の付近に集まる事が多い
 従っていきなり最初からラスボスを相手にすることはない
 六字訣で邪気を弱体できるようになってからで十分だ

小周天の性質上、避けるべき場所に気を通す必要がある場合は、
絶対に強く意識をかけてはいけない。
意識の強さや流れを、軽く緩く用いることが大切。


以上、大きく分類して三段階の対策を実施することも大切だが、
危なくなったら様子を見る、という本能的感覚も常に重要である。
独習者は常にこれらの注意を怠ってはならないのである。

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground