2017-11-25

チャクラの色相環

「チャクラの色相環」

各チャクラの調整を行っている内にいくつか気づいた事がある。
どうやらチャクラは単独で働くのではなく、
場合によっては一つのチャクラに関連して
別のチャクラが影響を受けることがある、ということである。

この現象を発見したのは胸のチャクラを調整した時である。
私は近頃、祈りの時間の間、ついでに胸チャクラを調整する。
祈りというのは、いわゆる読経とかお坊さん的な作業である。
この辺は私の家系が日蓮宗系であることをご理解頂きたい。

しかし、どうも不思議な感じがするのだ。
30分近くそういったことを続けていると、
胸チャクラだけでなく、頭頂付近もいやにスースーする。
?と思いつつ続けると、やっぱり調整が掛かっている感じがする。

これは祈りが霊的な作業で第7チャクラを刺激する。
という見方もあり得るが、個人的には少し違う気がする。
神仏といえど気の働きに影響することは、
あくまで気の観点で考えるべきだと思うからだ。

そこで、ふと思い出したのが
チベット体操の本にあった一部の記述のことであった。
それは第1チャクラが第5チャクラに影響する、ということだ。

最近まで、この記述は冗長などうでもいい話。
としか考えていなかった。
だが、今回の実体験と照らし合わせると、
意外にも面白い内容なのではないか、と思えてきた。

で、次に思い出したのがチャクラと色の関係。
各チャクラには一般的に色が紐付けられている。
記述が異なることはあるが大筋は大体似ている。

第1チャクラ:赤
第2チャクラ:オレンジ
第3チャクラ:黄色
第4チャクラ:緑
第5チャクラ:水色
第6チャクラ:青
第7チャクラ:紫

これも何も考えずに並べられているのではく、
虹の配色のように自然(宇宙の仕組み)と綺麗に対応づけされている。

それで今回の体験とチベット体操の記述が丁度一致することに気づいた。
つまり、第1チャクラ ⇔ 第5チャクラ と
第4チャクラ ⇔ 第7チャクラ というのは、
色相環と言われる図で、ほぼほぼ反対の位置にあるのだ。

色相環について(別サイト)

あと残った組み合わせは第2チャクラ ⇔ 第6チャクラかも?
第3チャクラは余ってしまうが、おそらく問題ない。
ここは人間のチャクラの中心点に当たる部分だからだ。
シンメトリでも一個しかないというのは不思議ではない。
例えば、口が二つもあったら不自然なことと似ている。

さて、ここまでのこじつけにも似た解説で何が言いたいか?
という本題だが、頭部付近のチャクラを直接調整しなくても問題ない。
ということを一応強調したい。
ただ、この情報は汎用的で、それだけが目的とも言い切れないが(笑)

要は、首から下のチャクラの調整の方が危険も少ないし楽なのだ。
それに頭部のチャクラは調整がしづらい、ということも言える。
しかし、第1~第4チャクラまで押さえておけば、
ほぼチャクラのコントロールはできるのではないか、と思うのだ。

個人的に昔から頭部のチャクラは調整しづらかった。
やはりそれは頭部を調整するというのは、
元来あまり自然なことでは無かったのかもしれない。
逆に言えば、今回の研究をそのままチャクラの開発にも活かせる。

第5チャクラを強化したければ第1チャクラを調整
第6チャクラを強化したければ第2チャクラを調整
第7チャクラを強化したければ第4チャクラを調整

これらの組み合わせで恐らく機能するのではないかと思う。
あくまで推論の域を超えることは難しいが、
何かの時に思い出して実験することは可能だろう。

という今回はちょっと変わった話だった。
つまらなかったらすいません(笑)

一覧へ戻る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Copyright (C) 集合定思考. All rights reserved. Template by Underground